Entries in the '危機' Category

今日の明快な事実

我々は、1つの明快な事実を理解しなければなりません。それは、現代の世界における我々の成功とは我々の正しい相互連結(相互接続)にかかっているということです。これは、全体的な危機によって我々に示されます。危機は、我々にメッセージを送っています:「あなたは、やることすべてにおいて成功を成し遂げたいと思っていますね? しかしながら、周りを見てみてください:あなたが今日までしたすべてのことが危機に瀕しています。今日この日から、我々が完全にそろった世界的なシステムと一致しない限り、何をしても成功することができないことは、あなたにとって明白であるに違いないでしょう。」

この一致のことを、相互的な保証と呼ぶのです!成功することと、何か良いものを生産することは、あなたが世界的なネットワークに適正に参加することにかかっており、これは相互保証なしでは不可能なことであると分かるようにならなくてはなりません。それができたなら、成功します。それができなければ、ただ時間を無駄にして、今の自分自身の状況をさらに悪化させるだけです。

成功を収めることは難しくありません。誰もが相互保証が何であるかを感じることができ、誰もが暖かくて愛情深い本当の家族を想像することができます。

それでもなお、相互保証を学ばなくてはなりません。最終的にすべての人は、カバラに対する意見を変えなければなりません。カバラはより崇高な知恵であり、自分自身が魂の是正に従事していると理解しなくてはならないのです。我々はカバラに関する恐れを払拭しなければならなく、この知恵が非常に自然的なことであると理解しなければなりません。その中で、我々は人間社会の中に存在する活性力について学びます。この力を知っておかなければ我々は単に存在できなくなります。

誰がこの事実に反論できるのでしょうか?結局のところ、この力を明かさない限り、我々は我々自身を維持することができなくなります。カバラのことを「この世のものとは思えない科学」だと思っている人は少なくありませんが、実際はカバラほど我々にとって身近なものはありません。

From the Daily Kabbalah Lesson 9/2/2011, Rabash’s article

ゴール地点のエゴイズム

質問: カバラの科学は、現在の時期について何と言っていますか?この重要な過渡期に、それはどのように私たちを助けることができますか?

答え:私たちは特別な時期に生きています。私たちの世界は、新しくて内面的で霊的な、私たちの心の中の“人間”の成長段階への上昇の出発点に立っています。

カバラの科学が説明するように、これまで私たちはエゴイズム(利己主義)の衝動に従いながら自然に成長してきました。社会の変化、家族生活の変化、テクノロジー開発、国と構造の再構築、そして、教育と文化における変化の導入を、利己主義は私たちに強制しました。私たちは生まれながらの内面的な衝動が引っ張る方向に常に向かっていたのです。

しかし、今日私たちは一定の満足に達しました。まるで世界は喜びを私たちにもたらすのをやめているかのようです。それはもはや私たちを経済的に満足させません:私たちはある障壁が私たちの前進を阻んでいると感じます。輸出と輸入における無限の成長と、無限の技術能力と生産能力を伴う消費者社会についてのアメリカの理論は底を尽きました。さらに、私たちは下降傾向つまり衰退に移行しました。経済学者によると、それは長期に渡るだろうとし、誰もそれがいつ終わるのか知りません。

今日私たちがカバラの科学を理解するに、カバラの科学は危機が決して終わらないことを告げています。私たちは、現発展段階で、私たちの利己主義に対しひどい苦悩を引き起こしている人間を取り巻く自然の潜在能力だけでなく、私たちの利己主義そのものも認識しました。その結果、人間開発、社会的発展、教育、そして、エコロジーの分野が崩壊寸前なのです。

この状況下において、私たちは何が私たちに起こったのか考える必要があります。私たちはこのように続けることを望んでいるのでしょうか?私たちは明らかに私たちの目的と目標におけるミスを犯し、文字通り私たち自身を破滅したのです。私たちは消費を増やして、環境を破壊することを望んでいるのでしょうか?私たちは「機械の」レースで身動きがとれなくなりたいのでしょうか?

製造された商品をほとんど使わずして、私たちは新しいものを買うために、それらを捨てます。そして、これが私たちの人生なのです。私たちは富や名誉や権力の似たようなゲームで私たち自身の存在を満たしたいのでしょうか?人生の意味とは、携帯機器やその他の消費の象徴を毎月買い換えることにあるのでしょうか?

今日私たちが経験している過程は、私たちのペースを落とさせて、反省するよう要求しています。明らかに自然の中には、組み込まれた異なるプログラムがあり、私たちはそれを調べなければなりません。

私たちが自然の中で発見する、普遍的な知恵、全体的なバランス、ホメオスタシス(恒常性)は、まだ人間の外側に留まったままです。自然にとって人間とは、異質な要素、つまりガン腫瘍であり、その環境とそれ自身をむさぼっているのです。

私たちは人間の社会を破壊し、私たち自身と私たちの子供たちをだめにし、すべてを歪めながら、私たち自身に正しい存在の機会を残していません。私たちが「脇から」世界を見るならば、人々は盲目のようであり、自殺的な道に沿って進んでいます。彼らは、彼ら自身、子供たち、社会、そして将来を破壊するために権力獲得競争をし続けており、このことに気付いていません。

こういった理由から、私たちは危機に瀕しているのです。しかし実際には、これは危機ではなく救済です。今日私たちが構築したすべてのシステムが崩壊しているときに、私たちは真実の核心へと導く、明らかな兆しを得ます。ついに私たちは、人生に対する態度を根本的に改めること以外に選択肢がないことを、目にすることができるのです。

自滅(つまり政治家、経済学者、そして実際、人類の大部分が未だに欲しているもの)へと転がり落ち続ける代わりに、異なる方向に進むために、何が起きているのか既に分かっているすべての人々、コミュニティ、そして組織は、世界と自然に対する新しいアプローチを一緒に考え出さなければなりません。

光の形を採用する

質問:我々は、まだ外界の痛みを十分に感じません。 どのように我々はグループ内で働くことによって、この状況を是正することができますか?

答え: できるだけ早くこの痛みを感じる方がよいです。 それは病気のようなものであり、初期の段階でそれを見つける方がよいのです。 世界はちょうど危機に陥り始めたところですが、今日の問題が誰にでも影響を及ぼすという理由から、世界はすでにそれに恐れを抱いています。 我々はその時が来たことを目にしており、危機の原因とその解決を説明する資料を広めなければなりません。

アメリカ、ヨーロッパ、中国と日本を含む全世界は問題を抱えています。 全員が起こっていることに恐怖を感じており、誰しも明日に何が起こるのかを知りません。 何人かは、遠くから危機を見ています。例えばドイツです。 しかし、彼らこそより怖がらなくてはなりません。 より高く上がった者は、より低く落ちるのです。 もし明日にすべての証明されたメカニズムが突然に機能停止するならば、我々は何が起こるのか想像することさえできません。

どうしてそんなことが可能なのだろうか?人々は朝起きて、仕事へ行き、その他もろもろ・・・。

しかし違います。そういうわけにはいかないのです。我々は自然の統合されたシステムに位置していることをまだ理解していないのと同時に、我々自身も統合していません。我々はまるで四角いものを丸い穴にに挿入しようとしているかのようです。実際は、我々の形は、システムのそれに似ていなければなりません。この形は簡単ではありません。なぜなら、我々は幾何学について話しているのではなく、我々の性質について話しているからです。

今日、全人類は新しい形(光と一致する正しいフォーマット)を徐々に採用していかなければなりません。これは非常に大きな問題です。我々のために是正を実行する光を引きつけた場合に限り、我々はそれを解決することが可能です。これがこう言われる理由です:「私は邪悪な性向を創った、私はスパイスとしてトーラーを創った、なぜならその中の光が改心させるからだ。」

我々がこれを理解し、それを他者に回すことができることを望みましょう。

From Lesson 1, the Germany Convention 8/5/2011

完全性、骨の髄までしみ込む

質問:大衆が完全に確信するように、どのように我々は新しい世界の完全性(インテグラリティ)を説明することができますか?

答え:それを経験するために、世界は多くのトラブルを経験しなければなりません。知的に全体的な相互関連性(連結性・結合性)に同意することは、難しくありません。「確かに私はこれについて何かを読んで聞きました。地震が日本で起こり、私たちは予備部品の問題を抱えています。戦争がリビアで起き、デンマークが境界を閉鎖しています。私は同意します:世界は欠けるところがなく、完全にそろっており、統合している、つまりインテグラル(完全体)です。」

しかし、我々自身を他の皆と別であると思いたいという一つの願望や考えも人類全員にあってはならないように、この完全性は骨の髄で感じられなければなりません。それは我々の中に絶えず置かれてなければなりません、そして、我々は単に頭でそれを認めるのではなく、それを考えただけで震えなくてはならないのです。

私は身体的に「内臓で」それを感じなければなりません。私は飢えに私をひどく苦しめさせます。同じ一口が皆に約束される確信がないならば、私は食べることができません。それが統合された完全な世界(インテグラル・ワールド)なのです:他が持っていないものを食べることは、毒を飲み込むようなことです。

そのようなことを想像するのは、難しいことです。我々はそれを実行していないし、単にある種の繋がり・関係性を耳にしただけです。毒に変わる個人の食事、そして、すべてが提供される状態にある全員からの祝福は、まだここから遠いのです。我々がこの経路で経験しなければならない苦しみを思い浮かべて下さい。

質問:しかし、我々は苦しみを防ぎたいのです。これは、我々が人に、その人がこの完全性を染み込まさなければならないという具体的な証拠を提供しなければならないことを意味します。さもなければ、それは痛みをともなうでしょう。我々は、このメッセージを伝えるために、その人の感情に触れなければなりません。

答え:正しいです。しかしその一方、もし我々が光に助けを求めないならば、社会的影響の方法によってでさえこの深い知識を伝達することは不可能です。あなたは、進展を速めなければなりません。さもなければ「進展の押し」が、後ろから接近し、あなたのためにそれをしてくれるでしょう。

そして、それが教育が必要とされる理由なのです。我々は広告から採取した事実について話しません。これらの事実がその人を囲み、「形作り」、「フォーマット化する」ように、人はこれらの事実を「掘り下げて調査」しなければなりません。客観的な、抽象的なプレゼンテーションは、ここでは助けになりません。我々は人間の本質に達しなければなりません。そして、あなたがこれをすることは不可能です。

人は家が焼け落ちた隣人の記事を読み、舌を鳴らします:「かわいそうに。おそらく、今や政府は彼を助けるかもしれない。」そして、その人はそれ以上動こうとしません。我々のエゴイズム(利己主義)の障壁は、光を持ってしてのみ破ることができるのです。どんな証拠も光なしでは助けになりません。ものすごい苦しみでさえ、人々を変えないのです。

苦しみで前進することは、実質的に不可能です。苦しみは、我々を是正ではなく、スピリチュアリティの必要性にしか向かわせません。光だけが、是正そのものを実行するのです。

From the 5th part of the Daily Kabbalah Lesson 7/28/2011, “The Peace”

あなたの魂の最も深い領域での津波

質問:私達が目の当たりにしている自然災害、また他の問題に対してどのような態度や姿勢で臨むべきでしょうか?

答え:私達は、自分たちの利己的な欲望が私達に自然の全レベルにおける不均衡を示し始めている特別な時期を生きています。

自然の最も低いレベルは静物レベルであり、現在私達は自然全体との不均衡と不調和を静物レベルで明らかにしつつあります。以下のレベルにおいても同じです:自然の植物レベルと動物レベル。今のところ私達はそれに気付いていないだけです。

私達は大きな危機状態にあります。「Domem」(静物)と呼ばれる天使との関係の危機に陥っているのです。同様に「Tzomeah」(植物)と呼ばれる天使、そして「Hai」(動物)と呼ばれる天使との関係でも危機に陥っています。これらすべての自然形態には非常に大きく調和が欠けおり、私達と対立しています。私達の義務はそれらを正すことです。なぜなら人間だけが自分自身を正すことで、残りすべての自然を正せるからです。

したがって私達の周りで目にする災害は私達自身の反映なのです。全ての責任は私達にあります。世界の静物レベル、植物レベル、そして動物レベルから何も求めることはありません。それらは人間と共に上昇したり下降したりするのです。

私達を取り巻く自然の静物レベル、植物レベル、そして動物レベルにおける問題によって、如何に私達が是正されていないのかを見ることが出来ます。これら全ての災害は私達自身の欠陥の反映または実演です。もちろん自然の“スピーキング”レベルである人間社会もです。世界で何が起きているのかを見て下さい。

私達にはこの地球上で自分たちのために真の楽園の生活をつくる機会があるというのに、私達が行っていることを見て下さい。もしも宇宙からの訪問者が私達が地球上で行っていることを見たとしたら、彼は私達の頭がおかしいと思うことでしょう。私達人間の心と感情はどこですか?本当にこれが高い知能をもち思考する人間の人生の整え方なのでしょうか?まったくの愚か者か自己をひどく嫌う人だけがそのようなことをするのです。

言い換えると、現在私達は徐々に自分たちの本当の内面状態(内部状態)を明らかにしているということなのです。そして、私達は内面の是正を通じることでしか外面世界(外部世界)との調和を達成することはないでしょう。

From the 1st part of the Daily Kabbalah Lesson 3/13/11

自然による打撃を予防する方法

質問: 拝啓 ライトマン先生。私たち日本にいるカバラの学生たちは、身に降りかかった不幸:地震と津波について先生の意見をお聞きしたいと思います。予報によると近々さらなる打撃が予想されています。そのような事態が日本と世界中で起こることを皆の力を合わせ予防することができるでしょうか。

答え:私たちは自然と類似するまで進化的発展の指導を自然から受け続けます。私たちが感じる打撃や苦しみとは、自然との調和の欠落に対する自然の反応です。すべての危機には一つの解決策しかなく、それは自然との調和に達することです。

一般に、それは私たちのエゴイズム(利己主義)を是正することによって達成できます。私たちのエゴイズムは全人類と繋がり一つになることに対する私たちの態度を通して明らかになります。なぜなら自然自体は私たちを一つのものとして見なしているからです。我々は一つになるまで苦しみ続けるのです。

『ゾハールの書』(「Introduction of the Book of Zohar ― ゾハールの書の手引き」項目66-81)によると不幸がまず最初に最も優れた者(この場合つまり日本)に降りかかります。しかし、打撃が強化すると、優れていない者にも影響を及ぼします・・・ 解決策は一つしかありません。それは他者を愛し、そして団結したうえで全自然と同じ様にグローバル・インテグラル・システム(世界的に統合されたシステム)になることです。そうなれば、我々はクリエーターから授与される内面的充足感を感じ始めます。

グローバルな教育について

質問:グローバルな教育とは何ですか?誰がそれを管理するのでしょうか?全世界のためのたった一つの教育委員会ですか?

答え:これは世界全体の教育問題に専念する国連の専門機関であるユネスコの任務です。

グローバルな教育とは自然法則の説明を意味します。私達は、皆が互いに繋がっていること、皆が唯一の上層の力によって支配されていること、そして、皆がそれ相応に行動しなくてはならないことを説明する必要があります。

一つの統一体になるということは、お互いの利益を熟考することを意味します。さもなければ、私達が団結する以外に選択肢が無いということを理解するまで、私達は自然からの打撃(自然災害)を受け続けるでしょう。その打撃によって、人はやむを得ずエゴイズム(利己主義)を捨てるでしょう。人は苦しみを避けるためなら、何をしても構わないと思うでしょう。しかし、これらのすべては是正する光の力を用いる良いやり方で達成することができるのです。

もちろん、ユネスコの事務局長とのミーティングの間、それについては説明しませんでしたが、いつか説明しなければならなくなるでしょう。これはマルクスがしたがっていたことです。彼は、人々が団結し始め、社会主義を築き始める時、それが実行できないことを目の当たりにするだろうと考えていました。人々は探求し始め、一つの是正手段―上層の力—しかないことに気付くでしょう。これはマルクスが無神論者であった理由です。彼は授与という上層の力以外にどんな神々も信じていませんでした。

単純に自然を観察することで、私達も繋がらないとならないということが学べます。そしてその後、団結を試みることにより、それが不可能であることを発見します。その時に、答えが明かされます。そのためにカバラを積極的に広めなくてはならないのです。世界はますますそれを必要としていくばかりでしょう。

From the 4th part of the Daily Kabbalah Lesson 2/11/2011, “The Freedom”

新しい世界への移行

新聞記事(TheMarker.com):我々は全く知らない、進化における新しいフェーズに突入している。我々が唯一知ることは、その変化が何よりも問題をはらむ状態であり、それがいつかよりよい将来に導かせるとしても、途方もなく大きい損失と苦難を伴うかもしれないということである。ならば、どのようにして我々はこのフェーズを過ごせばよいのだろうか?

私のコメント:人々は正しく考え始めています。実際に私達は利己的な受け取りに基づいた世界から、愛他的な授与に基づいた世界に向かって移行しています。私達はこの新しい種類の世界が必要であるという理解に向かって移行しています。そして、それは私達が終わる事のない苦しみの道を通ってそこに至るか、又は、自然の計画を理解することを通じてそこに至るのかには関係しません。前者の苦難の道とは、私達が出発し始めたものです。

生じている出来事の理由を人々に説明することにより、私達は自分たち自身と社会を変える必要性と、世界に対する私達の態度を変える必要性があるという認識を早めることができます。しかし、私達がこの地球上で生き続ける為には、エゴ(利己)が害悪であり、それを利他、愛、授与に変えなくてはならないという単なる理解だけでは足りません。私達には私達自身を変化させる力が必要であり、この力は私達の世界には存在していないのです。

現段階では、私達はなぜ人間性の是正方法を有するカバラの科学が、とても特異な方法で私達に与えられたのか理解し始めます。私達はこの方法なしに、なぜ本当の内面的変革が不可能であり、よって生き延びることも不可能であるのかを理解し始めます。過去における変革への全試みは、宗教や様々な信仰体系の出現を導かせました。その結果はあまりにも明らかです:悪は残存した。そして、それらと共に発達し続ける。


エゴイズムのブラックホールの中への最後の転落

受取った質問:どうすれば現在の危機に直面している人が、それは霊的に上昇する転換期であって終わりのない危機の深刻化ではないと理解することができますか?

私の答え:創造のすべては“ひかり”(喜び、授与のエネルギー)と“うつわ”(“ひかり”で満たされたいという願望)から構成されています。“ひかり”は私達の利己的な願望をその最終段階にまで発達させ、願望は“ひかり”によって直接的に満たされることがもう不可能になったと感じるようになります。その理由は喜びが願望を打ち消してしまうからです。例えると、喉が渇いているときに水を飲んだとき、その喜びが水を欲する願望が満たされることによってなくなるということです。

現在の危機は私達の利己的な発達が終わりにきたことを示しています。私達は“ひかり”を自分達のエゴイズムに奉仕さようと使い続けることができなくなりました。言い換えると、私達は自分のエゴが満たされなくなったことに気づきつつあるということです。そして私達は未だに欲望を満たそうと自分のエゴイズムに突き動かされながら、心の中ではそれが無駄なことであると気がついているのです。

しかしながら私達は充足がないと生きていくことは不可能です。よって私達は自分のエゴの命令に従うざるを得えません。たとえ自分の意に反してそうしているのだとしてもです。私達は好きでそうしている訳ではありませんが、自分のいる環境の影響がそれを余儀なくさせています。私達は自分の意に反してそうすることを余儀なくされ、惨めで暗い気持ちになります。これは麻薬や酒などに溺れることの原因にもなっています。

実際これは人生の全側面における危機を招いています。結局のところ私達の人生は“ひかり”を使うことで自分の利己的な欲望を満たすことをベースにしています。願望が“ひかり”の影響によって発達していた期間、私達は発達することを切望していました。私達は新たな渇きをいやすことによって充足されるとずっと信じてきました。そしてこの嘘は私達の発達を促進させてきました。

しかし願望の利己的な発達が止まるやいなや、私達はそれが空っぽであることに気がつきました。このやり方で充足を得ることは不可能であると“ひかり”は私達に啓示しています。これが私達の呼ぶ危機というものです。よって私達は自分達を誤った方向に導くことを止め、その代わりに人生を感じさせる唯一の方法は“ひかり”の特質 – 与えようとすることと愛そうとすることの意向・意図・決意 – を自分のものにすることしかないと理解しなくてはなりません。

私達の地上での発展は終焉を迎えました。そしてその証明として多くの工場は閉鎖されています。なぜなら役に立たない余計な商品はもう必要なくなったからです。ヨットの大きさや銀行預金残高の桁数が羨望の的ではなくなったのです。

人々はこの世界で自分に喜びを与えてくれるものがもう見つけられなくなりました。結局のところ、どんな星も明るさに関係なくいつかは薄暗くなります。そしてエゴイズムの最終段階というブラックホールのなかに吸い込まれながら私達も衰えつつあります。このエゴイズムは何もかもを飲み込み、なにもそれから逃がれることはできません。そのなかには暗闇だけがあるのです。

カバラの英知を広めることだけが私達に自分の性質を改善する能力を与えます。「そして暗闇は“ひかり”のように輝くだろう。」と記されているように。

人生の波乱には目的があります

今日私達は極めてまれな苦境に立たされています。自然は私達が分裂していてお互いを憎んでいることを示しています。私達のエゴイズムが破壊的なものだと。また私達は地球レベルでお互いに頼らなくては生きていけなく、私達の意に反しながらも誰もがお互いに繋がっていることも示しています。

私達にはお互いから逃避できる場所などありません。私達は自然の法則に従うしかなく、自然そのものがそれを強要しています。人間による現在の人工的状況がそうさせているのではないのです。もし私達が自然法則に従わないのなら状況はもっと酷くなり、自然との不和がより強い打撃と苦しみを人類に与えて人類絶滅の危機にさえ落入るでしょう。これら全てが起こる理由は私達のエゴイズムにあります。

私達は自然から追放されている状態にいます。この状況から解放してくれるものはあるのでしょうか。それはあります:私達の救いは、正しい人間関係を結ぶことと私達を取り囲む自然環境との正しい関係(繋がり)をつくることにあります。これは私達に自然との調和がとれた不可欠な一部になる機会を与えてくれます。

もっとも重要で急がねばならないことは、各々が私達の生存 – 食糧、水、気候、健康、精神状態、スピリチュアル状態 – がもっぱら自然との調和だけにかかっていることを理解し実感することです。実際に、これが私達の人生における波乱の目的なのです。私達が経験するすべての出来事、状況、状態は、私達を押し動かす内面的な力 – クリエーター – の発見を助けるために意図されているものなのです。苦労とストレスはクリエーターを知覚することを学ばせて、全てのことにおける隠れた理由がクリエーターにあることを気づけるようにさせます。

これが危機が波状的に起きる理由です。危機の目的とは、私達の世界に存在する悪いことのすべては私達の間にある憎しみによるものということを啓示することです。そのあとに私達はこの憎しみとは完璧からの追放と同じことであり、憎しみを乗り越えることが私達をこの追放からときはなしてくれことを理解するのです。