Entries in the '普及活動' Category

完全性、骨の髄までしみ込む

質問:大衆が完全に確信するように、どのように我々は新しい世界の完全性(インテグラリティ)を説明することができますか?

答え:それを経験するために、世界は多くのトラブルを経験しなければなりません。知的に全体的な相互関連性(連結性・結合性)に同意することは、難しくありません。「確かに私はこれについて何かを読んで聞きました。地震が日本で起こり、私たちは予備部品の問題を抱えています。戦争がリビアで起き、デンマークが境界を閉鎖しています。私は同意します:世界は欠けるところがなく、完全にそろっており、統合している、つまりインテグラル(完全体)です。」

しかし、我々自身を他の皆と別であると思いたいという一つの願望や考えも人類全員にあってはならないように、この完全性は骨の髄で感じられなければなりません。それは我々の中に絶えず置かれてなければなりません、そして、我々は単に頭でそれを認めるのではなく、それを考えただけで震えなくてはならないのです。

私は身体的に「内臓で」それを感じなければなりません。私は飢えに私をひどく苦しめさせます。同じ一口が皆に約束される確信がないならば、私は食べることができません。それが統合された完全な世界(インテグラル・ワールド)なのです:他が持っていないものを食べることは、毒を飲み込むようなことです。

そのようなことを想像するのは、難しいことです。我々はそれを実行していないし、単にある種の繋がり・関係性を耳にしただけです。毒に変わる個人の食事、そして、すべてが提供される状態にある全員からの祝福は、まだここから遠いのです。我々がこの経路で経験しなければならない苦しみを思い浮かべて下さい。

質問:しかし、我々は苦しみを防ぎたいのです。これは、我々が人に、その人がこの完全性を染み込まさなければならないという具体的な証拠を提供しなければならないことを意味します。さもなければ、それは痛みをともなうでしょう。我々は、このメッセージを伝えるために、その人の感情に触れなければなりません。

答え:正しいです。しかしその一方、もし我々が光に助けを求めないならば、社会的影響の方法によってでさえこの深い知識を伝達することは不可能です。あなたは、進展を速めなければなりません。さもなければ「進展の押し」が、後ろから接近し、あなたのためにそれをしてくれるでしょう。

そして、それが教育が必要とされる理由なのです。我々は広告から採取した事実について話しません。これらの事実がその人を囲み、「形作り」、「フォーマット化する」ように、人はこれらの事実を「掘り下げて調査」しなければなりません。客観的な、抽象的なプレゼンテーションは、ここでは助けになりません。我々は人間の本質に達しなければなりません。そして、あなたがこれをすることは不可能です。

人は家が焼け落ちた隣人の記事を読み、舌を鳴らします:「かわいそうに。おそらく、今や政府は彼を助けるかもしれない。」そして、その人はそれ以上動こうとしません。我々のエゴイズム(利己主義)の障壁は、光を持ってしてのみ破ることができるのです。どんな証拠も光なしでは助けになりません。ものすごい苦しみでさえ、人々を変えないのです。

苦しみで前進することは、実質的に不可能です。苦しみは、我々を是正ではなく、スピリチュアリティの必要性にしか向かわせません。光だけが、是正そのものを実行するのです。

From the 5th part of the Daily Kabbalah Lesson 7/28/2011, “The Peace”

私達はカバラを広めるだけで、残りは上層の光がしてくれます

受け取った質問:現在世界中で多くの人が、私達のカバラの学習に加わっています。新たなグループが様々な都市で雨後のマッシュルームのように育っています。彼らの世話をどのようにすべきですか?

私の答え:私達はただ彼らに模範を示し、一緒に成長しなくてはならないだけです。私はこれにおいて何の困難も心配してません。生命を止めることは不可能です。私達は皆、木が石の中を押し進むのを見たことがあります。それは光への道を見つけ出し成長するのです。

それと同じことが私達の状況にも適応します。もしも人が真正なカバラの情報源から少しでも光を受け取ったのなら、それは突破し成長し始めます。人々は自分自身で学習センターとスタディグループを見つけるでしょう。彼らは私達を手本にして進化するでしょう。

私達がしなくてはならないことは、カバラの知識をできるだけ多くの人に届くように広めることだけです。それに続いて起こるその発達の形は私達が決めるのではありません。これは自主的な発達です。私達に課せられた唯一の仕事とは、人を発育させてグループを築き上げるカバラの原理に従うことだけです。私達は単にその資料を広めるだけでよいのです。残りはすべて上層の光がしてくれます。

私達は人々に本を与えることで上層の光とのつながりを作り出します。これらの本は改善する光を通させ、人々は成長し始めます。それは全世界で起こるでしょう。それが指数曲線のように急成長することを願いましょう。

From the 3rd part of the Daily Kabbalah Lesson 4/14/10, Article “Exile and Redemption”


心地よい近道を選択する

今日、過度に膨張した人類のエゴイズムは、私達に思いやりのある愛他的な人の夢を見ることさえも許さないまでになりました。以前には、そのような思いやりのある人々を教育して育成できるという希望はまだありましたが、20世紀はこれらの夢に終止符を打ちました。現在私達は、愛他的に行動する能力が単純に人間には備わっていないことを理解しています。これは大いなる気づきです。なぜなら、それは既に私達が自分たちの邪悪さを認めていることを意味しているからです。

しかし、今や私達は問題に直面しています:もし私達がより愛他的(利他的)にならないとしたら、この世で人間が生存し続けることは可能なのか? 現在私達は自分たちが共通の世界システム—すべての人がお互いに関係し合っている“世界村”—の中にいることを実感しつつあります。そのような相互的なつながりのなかで、愛他的にならなくても、私達は生き延びられるのでしょうか?

現在の様な生き方がもうすぐできなくなることは明白です。私達の仲は引き裂かれています。人類が生き延びるには、私達はお互いに与え合って“一心一体”のようにならなくてはいけません。しかし歴史を見てきても分かるように、私達の力だけでこれを達成することはできません—それは単純に不可能なのです!

しかし、私達は第三の力—これを達成させるクリエーター—が存在することを明らかにすることができます。私達はひどい苦難—“人々の間に和平を確立する”クリエーターの必要性を余儀なくさせる戦争や世界的流行病—を通じて、この啓示と解明に至ることができます。しかし、この自然的進化の道はとても長く、困難なものです。

それに代わる道はあります。もし私達がカバラの科学を学ぶなら、もし私達が経験する必要のある状態と、示す必要のある決心を理解するなら、そしてもし私達がこの知識を世界中に広めて上層の光を引き寄せるなら、光は私達を是正するでしょう。それは私達に、人間性を通じ自分たちの力だけで達成することのできない、授与(与えること)の特質を与えます。この代替手段は、心地よい近道を通り、“時間を早めること”で私達を是正に至らせるのです。

エゴイズムのブラックホールの中への最後の転落

受取った質問:どうすれば現在の危機に直面している人が、それは霊的に上昇する転換期であって終わりのない危機の深刻化ではないと理解することができますか?

私の答え:創造のすべては“ひかり”(喜び、授与のエネルギー)と“うつわ”(“ひかり”で満たされたいという願望)から構成されています。“ひかり”は私達の利己的な願望をその最終段階にまで発達させ、願望は“ひかり”によって直接的に満たされることがもう不可能になったと感じるようになります。その理由は喜びが願望を打ち消してしまうからです。例えると、喉が渇いているときに水を飲んだとき、その喜びが水を欲する願望が満たされることによってなくなるということです。

現在の危機は私達の利己的な発達が終わりにきたことを示しています。私達は“ひかり”を自分達のエゴイズムに奉仕さようと使い続けることができなくなりました。言い換えると、私達は自分のエゴが満たされなくなったことに気づきつつあるということです。そして私達は未だに欲望を満たそうと自分のエゴイズムに突き動かされながら、心の中ではそれが無駄なことであると気がついているのです。

しかしながら私達は充足がないと生きていくことは不可能です。よって私達は自分のエゴの命令に従うざるを得えません。たとえ自分の意に反してそうしているのだとしてもです。私達は好きでそうしている訳ではありませんが、自分のいる環境の影響がそれを余儀なくさせています。私達は自分の意に反してそうすることを余儀なくされ、惨めで暗い気持ちになります。これは麻薬や酒などに溺れることの原因にもなっています。

実際これは人生の全側面における危機を招いています。結局のところ私達の人生は“ひかり”を使うことで自分の利己的な欲望を満たすことをベースにしています。願望が“ひかり”の影響によって発達していた期間、私達は発達することを切望していました。私達は新たな渇きをいやすことによって充足されるとずっと信じてきました。そしてこの嘘は私達の発達を促進させてきました。

しかし願望の利己的な発達が止まるやいなや、私達はそれが空っぽであることに気がつきました。このやり方で充足を得ることは不可能であると“ひかり”は私達に啓示しています。これが私達の呼ぶ危機というものです。よって私達は自分達を誤った方向に導くことを止め、その代わりに人生を感じさせる唯一の方法は“ひかり”の特質 – 与えようとすることと愛そうとすることの意向・意図・決意 – を自分のものにすることしかないと理解しなくてはなりません。

私達の地上での発展は終焉を迎えました。そしてその証明として多くの工場は閉鎖されています。なぜなら役に立たない余計な商品はもう必要なくなったからです。ヨットの大きさや銀行預金残高の桁数が羨望の的ではなくなったのです。

人々はこの世界で自分に喜びを与えてくれるものがもう見つけられなくなりました。結局のところ、どんな星も明るさに関係なくいつかは薄暗くなります。そしてエゴイズムの最終段階というブラックホールのなかに吸い込まれながら私達も衰えつつあります。このエゴイズムは何もかもを飲み込み、なにもそれから逃がれることはできません。そのなかには暗闇だけがあるのです。

カバラの英知を広めることだけが私達に自分の性質を改善する能力を与えます。「そして暗闇は“ひかり”のように輝くだろう。」と記されているように。

普及活動の成功への鍵

受け取った質問:どの時点でカバラを広める試みが成功したと言えるのでしょうか?例えば、もし人に、それがカバラであると言うことなく、生活を向上させる実用的な方法があって、私達の皆が自然法則を通じて結ばれていると単に伝えることはカバラの普及になるのでしょうか? もし私がカバラと言わなかったら、マルクス主義者だと思われます。よって、もっと率直(直接的)になる必要があるのか知りたいです。フォーラムやオンライン出版(ブログやサイトなど)においては、あまり直接的ではないアプローチが適しているようですが、それが時間の無駄ではないのか知りたいです。

私の答え:我々は、それがカバラであると言うことなく、以下の事柄についての説明を提供する必要があります:

・我々の選択の自由とは何なのか? それは正しい環境をつくることにあります。(『自由』)

・正しい環境とは何なのか? それは自然との調和・均衡・バランスを達成しようと努力する環境です。

・どのようにし、そのような環境に入るのか? 偉そうにしないで、高慢にならないで、謙遜することによってです。(よい意味で、自分自身を卑下するということです)

・その環境から何を受け取るのか? 団結することの価値・重要性・大切さです。

・あらゆる世代および一人一人の個人的な人生に於いて、歴史を通じてエゴイズムが膨張(発達)してきたことについて説明する。

・単一の統合された閉鎖系を形成するために個人のエゴイズムが押し迫ってきていること。

・私達が完全に相互依存していること。(『相互保証』)

・閉鎖系を研究する生物学、サイバネティックス、そしてその他の科学分野からの例を起用する。

・すべてが一つになった新しい世界についての科学を教えるといった、正しい子育てと教育の必要性について説明する。

・ロシアやキブツに於いて、何故マルクス主義が間違って適用されたのかについて説明する。

・事実を用いて、ナチズムや戦争の可能性があることを示す。

カバラと言わなくても、あなたはこのリストを増やすことができます!