Entries in the '愛' Category

私達は常に愛の自然法則に影響されている

「隣人を自分のように愛しなさい」という言葉を言えば言うほど、私達はその意味が分からなくなります。その言葉は総括的なルール、すべての現実における法則であると記されており、私達は皆それに従って行動しなくてはなりません。宇宙を構成する「個のもの」でこの法則に従わないものがあると思っている人は間違っています。

私達がその法則に従う理由は、それ以外に私達には選択肢がなく、私達が1つの次元 、1つの球体に住んでいるからです。その法則は私達に作用していますが、私達は自分達の意に反して、それに従っています。私達が知覚する苦しみとは、その法則に従いたいという願望の欠如そのものです。私達はそのようにして今の状態とより進歩した状態との違いを感じるのです。

もし私達がその事に注意を払うのなら、私達は最も重要なことを認識できるようになります。それはこの法則が義務的なものであるということです。その法則は私達に影響を及ぼしています。そして私達がその法則に背いていること、そしてそれを望んでいない状態にあることには、意図があります。それは私達にその重要性、その素晴らしさ、そしてその普遍性を理解させるためです。そしてその後に私達は、その法則に自ら進んで従うようになり、自由意志を獲得するのです。

私達の皆がクリエーター(自然・授与の力または特質)に奉仕しているということは事実です。しかしながら、私達の中にはそれを不本意に行っている人もいれば、それを意識的に進んで行っている人もいるということです。

本当の愛とは他者の欲求を満たすこと

受取った質問:愛が人の感情に関するものだとしたら、どうしてそれが法則といえるのですか?

私の答え:欲求は創造物の構成材料です。欲求は力 - 引きつける力と反発する力 - です。世界の法則には明白なものがあり、私達はそれにやむを得ず従っています。他の法則は未だに私達から隠されています。よって私達はまだそれらの法則には従っていません。しかしそれらが明かされるときは、それらを早めに学んで従うことが懸命です。

私達の世界での「愛」とは何でしょうか。それは何かによって喜びを得ることのできる感覚が自分の中で芽生えるときのことです。そして人はこのもの - 光のスパーク(火花) - を切望します。人は自分を満たすために、この光に近づいてそれとの繋がりを求めます。喜びは色々なものから得る事ができます。食べ物、セックス、家族、お金、権力、知識。しかし実際に人は何に繋がるのでしょうか。人が繋がるものとは、喜びたいという欲求に入る喜びのスパークです。これが私達の世界での「愛」というものです。

私達の世界における人々の「隣人愛」の解釈とは、まさに誰かの顔、性格、または社会的地位が好きということですが、カバラにおける「隣人愛」はそうではありません。この世界における「隣人愛」は相手に対する愛ではなく、自分を満足させるものに引きつけられているという感覚です。

本当の愛とは、あなたが他者の欲求を、それがあたかも自分のものであるように満たすことです。この意味は、あなたが自分自身を愛するのではなく、あなたの隣人を愛することです。それはあなたが相手の欲求と作業し、それを満たすことです。これが「隣人に対する愛」というものです。

“隣人を愛せよ”とは自然が私達に課している条件

受取った質問:自分達が一体で自然的だと感じている人々、集団、組織があります。彼らはお互いのことを愛し合い、動植物への愛も持っています。”隣人を愛せよ”とはこのことですか?

私の答え:“隣人を愛せよ”とは自然の法則です。それは私達の周りにある世界の条件です。現在この条件は急速に目の前に現れてきています。なぜなら私達がそこまで成長したからです。それは子供が大人になり、社会のルールを守らなくてはいけないのと同じことです。

全てのメディアが突然以下のことを発表したと想像して下さい。「年末までにあなたの隣人を愛しなさい、それができなかった人は全員死刑になります!」これは笑い事ではありません。これは自然が私達に課すようになった条件なのです。しかし私達はそのことに気づけないままでいます。

では何をすればよいのでしょうか? 私達は”隣人への愛”を獲得する方法を学ばないといけません。私達はこの掟の意味と自然が私達に何を求めているのか発見しなくてはなりません。この法則を避けることは誰にもできません。私達はそれを学ばなくてはならないのです。しかしどうやってでしょうか?

学習を通してです。自然が持つ特別な力だけが人間を是正することができ、それ以外の解決策はないということを人々に理解させる唯一の手段は学ぶことだけです。この特別な力が効果を及ぼす対象は、自分を是正させて”隣人を愛する”段階に到達したいと望んでいる人です。

それは何十億もある波または周波数のうちの1つを選ぶことに例えることができます。[自分の聞きたいラジオ局をつまみをまわして選択するように]あなたの願望だけがそれを感知させます。自然はあなたが隣人を愛することだけをしたいと感じさせる周波数に同調することを求めています。そうすればこの自然の力はあなたのところに訪れ、あなたを是正します。

それ以外の全ての試みは私達を危機に導きます。私達が目的地にたどり着ける道を発見できるようにする為です。その他の方向に向かうことはだんだん無くなります。このことを”エジプトの災い”と呼びます。[出エジプト記に記載されている古代エジプトにたいして神がもたらしたとされる十の災いのこと]それらは最終的に私達にそうする以外に選択肢がないことを気づかせます。完全な暗闇が私達に訪れるとき、私達は逃げ惑い、“隣人を愛すること”だけをを求めるようになります。人々がエジプトから逃げた場所はどこでしたか? 愛が唯一ある場所です。後にシナイ山のふもとで人々が見せた団結がそれを表しています。

どのようにすれば他者を愛せますか?

私に寄せされた隣人を愛することについての質問です:

質問:あなたは自分を愛すように他者を愛すことが可能であると言いました。私はこれをとても求めます。教えて下さい、母親が子を愛すのと同じように、友が自分の友を愛すことができるよう、心の全体で友のために祈ることができる人はいますか?

私の答え:これは自分自身の祈りでなければなりません。その理由はあなたの要望が – それが完全であるなら – 必ず上層のひかりを呼び、あなたを是正してこの特質をあなたに与えるからです。

質問:私達は愛の見返りをもとめる愛し方なら知っています。しかし「自分のように隣人を愛しなさい」とは何のことですか? この愛は利己的な愛とどのように違いますか? 私達はこのような崇高な愛を知りません。毎日の暮らしの中でこの愛をどのように実践すべきですか?

私の答え:カバラの勉強には、次のもっと進歩した状態を引き寄せるための全行為が必然的に含まれています(これらの行為には、勉強、生徒グループのなかでの団結、および普及活動が含まれます)。さもないと私達は苦難を与えられて同じ状態を強いられることになるでしょう。私達に課せられていることは、私達が後ろから苦難によって押されながらただ苦難を避けるためだけに新しい状態を切望するということを強いられる前に、この状態になることを切望することです。

従って私達に新しい状態を引き寄せる上層のひかり(オア・マキフ)と呼ばれる力だけが、私達に”本物の愛” – 自分自身以外の人の為の愛 – を”説明”することが可能なのです。

質問:仮に私の隣人が私にたいして親切でなく意地悪であったら? どのように私はこれを乗り越えて私の隣人を愛せますか?

私の答え:もし創造主があなたにとって自分自身よりも大切なら、あなたはこれを創造主の為にします。この創造主に対する大切さは、あなたの属している環境から得られなくてはなりません。