Entries in the '体と魂' Category

人が死ぬと魂はどうなるのか?

「人が死ぬと魂はどうなりますか?」
私がかつて、我が師、ラバシにこの質問をしたところ、彼はこう答えました。
「それは、一日の終わりに汚れたシャツを脱いで、洗濯機に投げ入れるようなものだよ……」

これと同じように、人生の終わりにも魂から体を脱ぎ捨てます。身体は朽ちてなくなりますが、魂は生き続けます。古いシャツを脱いでも生きたままなのと同じように、肉体を脱いでも生きたままなのです。

質問:ならば、身体なしで魂はどのように存在するのでしょう?

答え:今も魂は体なしで存在しています。身体に伴ってはいますが、それに触れてはいません。魂はあなたが感じることができない別の次元に存在しています。

バール・ハスラムは『平和』という記事でこう書いています。
「このように我々の世界では、身体は新しくなっても新しい魂というものはなく、(形態変化の輪の上で)実体化するある決まった量の魂だけが存在する。そのために魂に関して言えば、創造の始まりから是正の終わりまでのすべての世代は、魂が発達しあるべき姿に是正されるまで続く数千年にわたる人生を生きるひとつの世代である……」

この世で魂が発達する期間は6000年です。この発達は5775年前に生きていたアダム・ハリション(最初の人)から始まり、6000年が終わるまで続きます。つまり、私たちにはあと225年残されているということです。この間に、私たちは全員で自らの魂を発達させなければなりません。それは集合的な魂における私たちの役割であり、私たち全員で全員をひとつの魂につなげるということです。

カバラの知恵はその全過程を説明しています。140億年前、ひとつの火花から私たちの宇宙の物質的進化が始まりました。ひとつの火花が「ビッグバン」の始まりとして用いられたのです。こうして、無生物の進化が始まりました。そして、20億年前、最初の植物が地球に現れ、次に動物が現れ、その後人類が現れると、人類はその次の段階、つまり上層の世界、生命の源を獲得したいという欲求が芽生えるところまで発達してきました。

無生物から始まり、植物、動物、人間へと続いた発達の中で、人間は、魂の発達と呼ばれるより高い段階へ至らなければなりません。次の段階、その上の世界へと上がっていくということです。上の世界にも、無生物、植物、動物、人間という発達段階があります。しかし、その上に、私たちが成長しさらに高い世界へ上っていくのに必要なスピリチュアル段階があります。私たちはこうやって5つの世界を通過していくのです。

質問:アダム・ハリションは5775年前に生きていて、彼は自分の内で魂を発達させたのですよね?

答え:そうです。だから彼はアダム・ハリションと呼ばれています。

質問:つまり、あと225年の間に、すべての人がその内側に魂を発達させなくてはいけないということですか?

答え:そうです。あと225年、もしくはそれよりも前にです。誰一人例外はありません。だから、私たちはこの発達が速度をあげていくさまを目にすることになります。時間はその濃さを増し、一見すると縮小して圧迫されていきます。私たちが自分たちの内側に魂を発達させないならば、そして発達に向かって自分自身を押しやらないならば、自然の力はあらゆる災害やさまざまな問題で私たちを圧迫し、私たちをすさまじい重圧のもとにさらします。自然の力が私たちを魂の発達へと向かわせるのです。

魂の発達はなによりこの世でしか起こりません。そして、それは人々の間のつながりを通してのみ改めていけます。私たちの間のつながりを通して、私たち全員にとっての全体であり共通であるたった一つの魂に形を与えるのです。

死ぬと魂はどうなるのか?

質問:人は死ぬとどうなるのですか? 魂はどうなってしまうのでしょうか?

答え:魂を知覚できている人々は、その中に生きます。なぜなら、魂は身体の死とは無関係だからです。

魂を獲得しなかった人々には、レシモット(ヘブライ語の“roshem”:記録)だけが残ります。これはDNAのような情報の一片であり、人がこれまでに構成した全情報を含む特定のコードです。

身体が死ぬと、この情報(レシモット)はこの世で新たな身体に結びつかねばならず、そしてもう一度最初からやり直すのです。皆、このレシモットを持っています。これは、最終的に私たちが魂を発達させる小さなかけらです。

発言:魂を構築した人だけが、魂を持っているということですか?

答え:そうです。真実、そうなのです。情報の一片であるレシモットは、魂を築くように人々を強いる欲求の内側で機能しているのですが、魂を構築する人は、そのレシモットに基づいた利己的な欲求の外側に魂を築きあげます。

質問:私は何を持っていて、何を逃しているのでしょうか? 私が本当にしなければならないのは、何なのでしょうか?

答え:私たちの利己的な受け取りたいという意志は、私たちが今持っているすべてです。しかし、突然、私たちの中に特別な欲求が浮かびあがることがあります。これは魂を知覚し、私たちが生きる理由や存在の目的、命の源を理解したいという欲求です。

つまり、レシモットが目覚めたのです。それは小さなちいさな火花であり、言うなれば私たちの内側の心の点です。このときはじめて、私たちは次に何をすべきかを熟考するに至ります。心の点が私たちを切望させ、押し進め、そのままにはさせないからです。

こうして、私たちは自分の利己的な欲求に取り組み、この火花が何かを知れる場所を探し始めます。そしてやがて、本物のカバラの知恵を教える場所、魂の築き方の説明を受け取れる場所へと行き着きます。魂を築くということ。それは、自分たちのために受け取りたいという、その意志を、他者のためへと変化させることを意味しているのです。

 

生と死の境界線を通り抜ける

質問:人類が抱える問題の一つに自殺があります。世界では40秒毎に誰かが自殺し(年間80万人)、米国での自殺者の割合は1999年から30%上昇しています。ここ最近、自ら命を断った有名人の中には、著名なシェフでCNNの番組司会者であったアンソニー・ボーディンさん、そしてオランダ女王の妹がいます。これについて何か説明してもらえますか?

答え:そこにあるのは空虚さ、と言えるでしょう。打ち砕かれ、涙し、眠らせないといった空虚さです。薬物でさえ、それを和らげるには役立ずです。人はただ、もう他には選択肢がないかのように感じています。私たちに必要なのは、人生を正しく見つめ、私たち自身を教育しはじめることです。

質問:何に向かえばいいのでしょうか?

答え:人生の意味です。生と死の間にある境界線を渡るとき、人は人生の意味を理解します。あなたにとって、人生がそれそのものよりも価値を持たないときだけ、何のために生きるかということを適切に測ることができます。そして、エゴや利己的な人生の上へと昇るのです。

質問:それは、執着しないということですか? どんな欲望も抱かないということですか?

答え:欲望を抱かないだけではありません。一瞬一瞬、エゴを放棄し、その上へと昇る。その人生を生きるのです。その瞬間ごとにあなたは、まるで死を体験したかのように、死を超えます。これは、私たちの世界から離れ、上層の世界へ入るということです。

発言:それは、とても難しいです。

答え:難しくはありません。これは私たち皆にとって、幸せの機会です。

質問:つまり、利己的な人生に価値を置くべきではないということですか?

答え:人の真の存在を理解したい人は、この人生を嫌悪し、それの真価を認める必要があります。ただそれだけが、今の人生の上により高い人生を築くための基礎であるからです。そして、それは死よりも高い人生であり、あなたが動物の形で死ぬ瞬間瞬間に、スピリチュアル的な成長をします。

スピリチュアルな形での成長とは、自分自身のためではなく、自分の外にあるもののための人生です。クリエーターのための、システムのための、人類のための。それが何であるかは問題ではなく、肝心なのは、あなたのなかの「私」から出るということなのです。

 

 

世界を是正するために何人の人々が必要か?

thumbs_Laitman_004質問:クリエーターは今日、世界中に存在するおよそ70億の人々の内側に包まれる巨大な受け取りたいという欲求を創りました。バール・ハスラムが彼の記事「最後の世代」で書いているように、もしかしてクリエーターはわずか数千人、あるいはそれ以下の人々の中にだけ包まれるということなのでしょうか? 受け取りたいという欲求の是正に向かう生物としての身体の数によって違いが生まれますか? それとも、10人で充分ですか?

答え:はい、そうです。最も重要なことは、その10人の人々が全世界のエゴイズムの縮図になるだろうということです。言い換えると、人類(何十億もの人々)すべてのエゴイズムがこれらのten(10人)に凝縮されるでしょう。これらのten(10人)はこのエゴイズムを集め、無化し、一つの統一体中へと統合します。この状態はアダム、つまり、一つの共通の魂と呼ばれます。

当然のことながら、エゴイズムが数十億人に包まれている時より、10人に凝縮されている時の方が、それを是正することはより複雑で難しいでしょう。それゆえ、カバラの知恵は特に今日、私たちに是正するよう呼びかけているのです。

将来起こりうる第三次世界大戦後に、それはより悪化するでしょう。たとえ戦争がもたらす苦しみが人々に統一を強いるとしても、選択の自由は依然として存在するでしょう。統一するという決断へとどのようにすべての人々を至らせるかという問題を抱えるでしょう。そのため、私たちは今日、是正に従事しなければならないのです。

[195359]

From the Kabbalah Lesson in Russian 7/10/16

永遠とは何か?

質問:なぜ私たちは創造のゴールを切望しなければならないのですか? 人生において何かを達成することを考えて生きるほうがいいのではないでしょうか?

答え:それは自己欺瞞です! 世界が動く仕組み、その構造、私たちの運命、人生の意味、そして天地創造の目的地を理解したい欲求が私たちに与えられている事実を、無視することはできません。

これらの問いはヒューマンレベルに属するものですが、それをあなどることはできません。あなどれば、世界のほとんどの人々のように絶望していってしまいます。この絶望によって、彼らにはカバラの叡智が明かされませんでしたが、私たちには既に明かされています。だからこそ、私たちは絶望と薬物乱用を克服するよう彼らを助けなければなりません。

質問:人は通常、命の最後の瞬間に「私はこの人生で何をしてきたのか。何か残したのか」と思うものです。

答え:私は以下のように異を唱えます。この世界と私たちのささいで意味のない文明は限りがあるものです。たとえあなたがこの世界で何をしようとも、すべては消えて何も残りません。最終的にクリエーターが明かされるであろう唯一つのユニークなシステムへと人々を共に導くために、あなたが何をしたのか? 唯一そのことだけが記録されます。

特質と行動だけが残ります。それらはシステムの中で保たれ、それゆえ永遠なのです。さらには、それらはあなたの口座に記録されます。その他は何も残らず、未来に継続するものは何もありません。

[187480]
From the Kabbalah Lesson in Russian 3/13/16

身体と魂のオーナーになる

私たちは幼少時から、性質や意見、感情などを持つ他人として自分の身体と関わることを教えないといけません。

たとえば、身体の一部分が痛むとき、身体が痛む、痛みがあるのは体だと言わなければなりません。つまり、「それを苦しませなさい」とラバシュが体を指して言ったように、当の本人とは同化しない“部分”として、むしろしばらくの間彼のとなりに存在する別物として体と関わってください。

このような体に対するふるまい方のトレーニングで、それは魂に加えて私たちに与えられたものであると理解し、魂と身体を区別することが徐々に習慣になっていきます。私たちはまた魂について、特定の目的のために特定の期間与えられたものとして話さないといけません。

人は自ら、身体と魂両方のオーナーとして、身体が持つエゴと魂が持つ崇高な目的の両方を共に管理しないといけません。魂と身体は2つのラインのようなもので、私たちはそれら2つを組み合わせ、その総和として3つ目のライン作らないとなりません。そして、あなたはあなた自身を、あなたが具現化されたものを、双方の組み合わせの結果としてみるのです。

[187343]

木から降りてくるだけでは不十分 ー あなたは自分自身の上に登らなければならない

質問:今日の人々は、今や世界の物事はますます悪くなっていくだけであろうと、理解しています。しかしカバラの教えは、そのような一般大衆から、今もずっと離れたところにあります。私達はこの距離をどうカバーすることができますか? そして何故、そのような距離があるのですか?

答え:それは(カバラを学ぶ)私達と人類に努力する機会を提供するために、そこにあります。この分離が私達と外部社会とに、お互いに相互作業をすることを可能にします。この距離はある目的のために創造されました。あなたは自分の知識、認識、理解をここに投入しなければなりません。

それはまるで、自然の発達過程が続くことを阻止しているかの様に見えます。かつてサルが木々から降りると、それは時の経過とともに原始人となりました。これに続いて奴隷の時代、中世、そして資本主義時代が来ました。そして今日この発達は崩壊に終わってしまい、人々は(次には)よい統一が必要であると認識するに至りました。それでは、なぜこの発達は自動的に続かないのでしょうか? 

なぜなら、もし自動的に続くとすれば、人間という存在は決して現れることはなかったでしょう。それはエゴイズムによって突き動かされ、木々から降りてきた霊長類と同じままだったでしょう。私達は自分達が完全に自己愛のコントロール下にあることに気づいていません。もし私が、私達すべてが存在しているこのシステムを見せられたなら、私は自分自身の管理下でしていることは何もないことを見るでしょう。この状況においては、クリーチャー(創造物・生命)は現れません。誰かをとって、独立性を遮断するフィルターに掛けてみましょう。すると彼には上層の力以外に何も残りません。その上層の力は初めからそこにあったものです。

「どのように人間をつくるのか?」これが問題です。人間は、暗闇と、僅かな知識と、僅かな力を与えることによってのみ、つくることが可能です。この僅かな力はその人に、自分の生来の性質に打ち勝つ道を見つける機会を与えます。そして多くの知識や理解なしでも、その暗闇の外へ彼を連れ出す、(彼の生来の性質とは)反対の力を築く機会を与えます。それから、彼はクリエイターの必要な部分になりたいと思うようになり、自分自身を喜んでその環境に従属させます。その環境もまた、彼がそうすることを義務付けるようになります。そして彼は、この相互的な仕事を通して、超自然的な形態、つまり自分の生来の性質を超えた形態、を獲得することができるようになります。この形態のことを「人間(アダム)」と呼びます。それは、彼が一匹のサルだった時代からずっと彼の中に残されていたレシモット(情報遺伝子)を使わずに創造した形態です。

From the 4th part of the Daily Kabbalah Lesson 9/19/12, “Introduction to the Book, Panim Meirot uMasbirot