Entries in the 'ラバシ' Category

ラバシ

私のFacebookページ  Michael Laitman 10/3/19 より(英語)

思い悩み眠れずにいた、1978年のある寒い雨の夜のこと。突然、自分がどこともなく車を走らせていることに気づくと、大きな標識が私の頭を突っ切りました。「ブネイ・ブラク*」という標識でした。そこへ入っていくと、通りに人気はありませんでした。「ハゾン・イシュ」ストリートの角で通行人に出くわし、私は尋ねました。「ここでは、どこで学べるんですか?」と。するとその人は私を見て、こう答えました。「この道の突き当たりまで行くと、そこに果樹園が見えます。その反対側です」

私はこうして、20世紀最大のカバリスト、バール・ハスラムの長男であり後継者である我が師、ラビ・バルーフ・シャローム・アシュラグ(ラバシ)と出会い、その時から、私の人生はまるで別の人生になったのです。

それから12年の間、私はラバシの個人助手および弟子として仕え、ラバシがカバラの知恵において知るすべてを吸収しました。毎日、ラバシは2階に閉じこもり、筆をしたためていました。そうやって、ラバシの深遠な記事が生まれたのです。そして、その記事が、今日の人に最も適したスピリチュアルな道を切り開き、すべての人のために道を整えました。ラバシ以前には、彼のように簡潔および実践的な手法で著した人はいませんでした。道に沿って子を導く父のように、ラバシは読者の手を取り、真の人生の意味を見つけるまで導いていきます。

「一度、私が愛の服を手に入れたら」と、ラバシはその有名な手紙『友の愛』の文末で、生徒たちに書いています。「愛の火花はすぐに私の中で輝き始める。心は友とつながり一緒になることを切望し始めた。私の目が友を見て、耳が友の声を聞き、口が友に話し、手が抱きしめ、足は友と一緒に輪になって、愛と喜びの中で踊るかのように……」(ラバシ)。

1991年にラバシが旅立った後、自分の目的を明らかにしたい、という欲求で心を燃やす人々が集まり始めました。 そして次第に、ブネイ・バルーフ「カバラ教育研究所」が形づくられていったのです。ブネイ・バルーフとは、カバリスト、バルーフ・アシュラグにちなんで名付けられました。 毎朝、私たちは『10個のセフィロトの研究』や『ゾハールの書』の解説書である『スラム(梯子)』といった、バール・ハスラムやラバシなど、カバリストの著作を研究しています。 我が師がその父から継いだカバラの知恵を私に与えたように、私たちは興味のある人なら誰にでも、このメソッドを分かち合っています。

本日**、この世代で最も偉大なる我が師、ラバシを亡くしてから28年目を迎えました。 私たちが彼の道を忠実にたどれることを、願っています。

*イスラエルテルアビブの東の中央地中海沿岸平原に位置する、超正統派ユダヤ教の中心地(訳注)

**10月3日(訳注)

ラバシとは誰か?

今日*、私たちの師であるカバリストのラビ・バルーフ・シャローム・アシュラグ、通称ラバシの命日を偲ぶにあたり、私たちは彼の思い出を掘り下げていくようなことはしません。命日に特別な重きは置きません。それは真実からほど遠いところにいる人々の慣習です。 私たちは単に自分たちの根源へよりつながり、より付着し、少なくとも近づくためのしるしとして、この日に関わります。

なぜでしょうか? それは、ラバシとは本当は誰なのか? ということです。ラバシとは、私たちに対する、ある特定範囲のクリエーター(創造主)の啓示です。

ラバシに関して、クリエーターに感謝します。「彼」(クリエーター)は私たちに使者を送り、それれによって、クリエーターに近づく機会を与えました。私たちを是正し、上層の力と同等の形態に適応させるためです。

つまり、ラバシとクリエーターに自分たちをどうつなげるか、ということです。

ラバシは、私たちとクリエーターの間に位置します。 私たちは、ラバシを通してすべてを、彼のスピリチュアル的上昇のすべてを受け取ります。各自は、その友と師を通して創られ、存在しています。しかしラバシは真実、システムとしての現れです。 そして、クリエーターとのつながりの形を私たちに明らかにします。それを通して、私たちは完全に自分自身を知り、真実に近づくのです。

何よりもまず、その絵を自分自身に描く必要があります。私たちは外側にあるもの、つまり人の習慣や行動を扱ってるのではない、ということです。 第一に、クリエーターがこの独特な方法で「彼」自身を明かした、私たちに対する「彼」特有の啓示を理解する必要があります。

そのため、ラバシに感謝すればするほど、クリエーターに近づきます。

「ラバシ」と呼ばれるこの特別なより高い力を通して、「彼」が私たちのために与えられた啓示の段階に感謝します。それは私たちにとって重要なものになっています。 それが、クリエーターに私たちを近づけ、つなげたのです。

今日この日に、私たちはこのトピックについて詳細に書かれている抜粋を読んでいきます。 そして、ラバシという形に自分自身をぴったり合わせるよう試みます。それは、ある程度、外面で明かされた後で、隠される、すなわち、離される、というものです。

さらに、離されても、浄化されても、どちらにしても私たちは自分で自分を浄化するために、自らを高めていく必要があります。そして、そのユニークなスピリチュアルな根とつながり、その中でより高い段階を見ます。より高い段階とそのような関係を築くことを経て、私たちはクリエーターへ向けてさらに前進できるのです。
*10月3日(訳注)

Based on the Lesson on the topic of “Memorial Day for Rav Baruch Shalom Halevi Ashlag (Rabash)” – Oct. 3, 2019

関連動画:
レッスントピック「ラビ・バルーフ・シャローム・ハレヴィ・アシュラグ(ラバシ)」、2019年10月3日