Entries in the 'ニュース' Category

友情の年

新聞記事BBC Newsから):「日本語の「Kizuna(絆)」という単語は、人と人との結びつき、またはつながりを意味し、日本の2011年の漢字に選ばれました。

漢字または中国の象形文字である「絆」は、その年の世相を表す漢字として公募により最も多い票を獲得しました。

日本にとって2011年は、3月に起きた地震と津波の話題で持ち切りでした。その大災害は結果として、助け合う日本人の数を過去に類をみない程にまで至らしめました。

4月に当時の菅直人首相は『Kizuna – the Bonds of Friendship』というタイトルの手紙で世界の援助に対して感謝の意を述べました。」

マヤの暦の宿命的な日付まで

新聞記事News Junkie Postから):“様々な悲観的な予言や、あるいは黙示録(Apocalypse)でさえもが2012年に関連づけられています。 黙示録(語源はギリシャ語の「ベールを取り払うこと」または「啓示」)は、すべての終わりとしてよく誤って見なされますが、もちろんその語源そのものがこの考えを否定しています。 強烈な啓示としての黙示録は、全世界の決定的な時であり未知の領域への大飛躍です。 人類の歴史におけるこの特別な段階に世界全体がすでに入ったように思えます。

“マヤ人は2012年12月21日の宿命的な日付を「世界の終わり」と見なしませんでした。しかしそれどころか、彼らはそれを一つの世界時代からもう一つの世界時代への移行の時期であると考えました。 マヤ人の中心的メッセージは、我々の選択能力に関わることでした。それは我々が勇敢にこの新しい未来を受け入れるのか、または過去にしがみつき、起こりうる恐ろしい結果に直面するのかという選択です。 マヤ人によると、この移行が混乱と暴力的な激変で起こるのか、それとも平和と静穏で起こるのかは、このパラダイム・シフトに対する我々の抵抗または受け入れによって決まるということです。

“「マヤの暦の終わりが意識の変化をもたらすという直観が多くの人にあります。 それでも、何がそのような変化の根源であるのか、それがどのように起きて、その性質がどのようなものなのかは、はっきり述べられることも説明されることもめったにありません。」とCarl Johan Callemanが2010年3月に書きました。

“「最初は、コンシャス・コンバージェンス(意識の一点への集合:一体意識)のための呼びかけを広めるイニシアチブを取る人々の要求が、世界中で強まるでしょう。」とCallemanは書きました。

“意識の変化またはコンシャス・コンバージェンスとCallemanが説明するパラダイム・シフトは、どちらもすでに起こりつつあります。 歴史の列車は「駅を出ました」。そして実のところ、それは超特急列車なのです。 この世界的な人類の歴史のパラダイム・シフトは、アラブ世界で2011年の春に始まりました。 … しかし、アラブ革命の一連の出来事は、マヤの予言や他の水晶玉のどちらにも言及することなく、非常に予想出来るものでした。

“アラブの春以来、「占拠」運動(Occupy Movement)は注目に値する適応性と回復力を示し、今やそれはウイルスのように広まっています。それは 西ヨーロッパのギリシャ、イギリス、スペイン、イタリア、フランス、そしてドイツに広まりました。 しかし、さらに重要なことに、それは帝国主義の砦である米国でも今や侮れない力なのです。 「占拠」運動が米国で多大な牽引力を得ている主な理由は、米国勢調査局の新しいデータによるところ、アメリカ人のほぼ2人に1人が貧困に陥ったか、低い収入で苦労しているということにあります。

“「占拠」パラダイム・シフトは、超自然的な「起こるべくして起こった」勢力や奇妙な占星術的現象ではなく、公正さ、平等、そして社会的正義などの飾り気のない原理に基づく平凡な運動です。それは世界人口の99%の人々が資源を制御して自身の事柄を管理すべきであり、世界人口の1%の人々に我々をどん底へと楽しげに連れて行くといった容認できないやり方で世界を運営させるべきではないという信念に基づく運動です。

“金融界における暴君や独裁者や寡頭政治の支配者や「超空の覇者」は、99パーセントに通告されました。 彼らが抵抗するならば、ゆくゆくは「占拠」運動の津波が彼らを打倒するか、彼らの権力と豊富を完全に剥奪するでしょう。 それは時間の問題であり、結局のところ、マヤの暦の終わりまでに一年間しか残っていません。世界占拠運動(Global Occupy movement)がおそらく一番の頼みの綱です。それは99パーセントとしてではなく人間として、固く決心して我々の方向を変え、「食うか食われるか」の文明がはびこることのない世界を奨励することです。 公正さ、正義、そして世界人権宣言の尊敬に基づく生活様式です。”

新しい世界への移行

新聞記事(TheMarker.com):我々は全く知らない、進化における新しいフェーズに突入している。我々が唯一知ることは、その変化が何よりも問題をはらむ状態であり、それがいつかよりよい将来に導かせるとしても、途方もなく大きい損失と苦難を伴うかもしれないということである。ならば、どのようにして我々はこのフェーズを過ごせばよいのだろうか?

私のコメント:人々は正しく考え始めています。実際に私達は利己的な受け取りに基づいた世界から、愛他的な授与に基づいた世界に向かって移行しています。私達はこの新しい種類の世界が必要であるという理解に向かって移行しています。そして、それは私達が終わる事のない苦しみの道を通ってそこに至るか、又は、自然の計画を理解することを通じてそこに至るのかには関係しません。前者の苦難の道とは、私達が出発し始めたものです。

生じている出来事の理由を人々に説明することにより、私達は自分たち自身と社会を変える必要性と、世界に対する私達の態度を変える必要性があるという認識を早めることができます。しかし、私達がこの地球上で生き続ける為には、エゴ(利己)が害悪であり、それを利他、愛、授与に変えなくてはならないという単なる理解だけでは足りません。私達には私達自身を変化させる力が必要であり、この力は私達の世界には存在していないのです。

現段階では、私達はなぜ人間性の是正方法を有するカバラの科学が、とても特異な方法で私達に与えられたのか理解し始めます。私達はこの方法なしに、なぜ本当の内面的変革が不可能であり、よって生き延びることも不可能であるのかを理解し始めます。過去における変革への全試みは、宗教や様々な信仰体系の出現を導かせました。その結果はあまりにも明らかです:悪は残存した。そして、それらと共に発達し続ける。


成長するエゴイズムが子供に及ぼす影響

新聞記事(The Daily Mailから):少年のための”コンドーム・カード” 12才に避妊具を無料配布 – 12才の若い少年にも”コンドーム・カード”が配られ、親に知られることなく無料の避妊具を入手できるようになる。税金で運営されるこの企画は、サッカー場、理髪店、健康センターで、少年らがプラスチックのカードを見せるだけでコンドームをもらえるものである。

私のコメント:発達の加速は増大するエゴイズムによるものです。また性行為は、一般的な不満足と”充足の欠如”に関係しています。

自然活動における異常は人間に責任があります

新聞記事(Naukanewsから翻訳):近年に観測されるようになった異常な太陽活動は、現存するどんなモデルとも一致せず、結果が予測できないという問題をはらんでいる。この異常には終わりがないようにもみえる。特に太陽においてだが、一般的な恒星活動について現代科学の解釈が基本的に誤っているとの証拠は増え続けている。

私のコメント:自然のなかの最も高い存在としての人間は、その願望と思考を使って自然界の無生物段階と動植物段階の活動に影響を及ぼします。太陽活動と自然活動の全体は人間活動のなかに根源があります – したがって良い結果は期待しないほうが懸命です!

“あの世”へ旅行する方法

新聞記事(Horizon Research Foundationから“体外離脱体験とは何か?” スイス人医師のグループは、治療の難しいてんかん患者によく行われる処置を実施した。電極を脳に刺し、電気刺激を脳の異なる箇所に与えるのである・・・。患者は、「上から、ベッドに寝ている自分を見た」、「天井近くまで浮いていた」と報告した。

スイス人の医師たちは、人に体外離脱のような体験を誘発することができた。これが示唆していることは、報告される死に瀕したときに体を離れるといった感触は、単に脳の右側にある角回(angular gyrus)と称される部分におきた異常電気刺激が生じさせる幻覚ということだ。スイス人の研究者は、体外離脱や臨死体験はストレスを感じた脳の一部が誤って発する電気信号が影響を及ぼしているのかもしれないという結論に達した。

私のコメント:今や誰もが脳の刺激を受ける申し込みをし、“あっち側の世界”に旅行にいけます。もしかしたら、どのような冒険をしたいのかさえ選べるのかもしれません。

私達は未来について“甘い”希望を持ちたいと思うと同様に、レイモンド・ムーディの『Afterlife(死後生)』についての理論、そしてその他の研究者による理論とも、お別れする時がきました。今は真実を知るときです。あなたの体が死んだ後に残るものは、肉体での人生の間に、あなたが明らかにした“あっち側の世界”の部分だけです。

あるカバラの文献には、「あなたは生きている間に、あなたの世界を見るであろう」と記されてます。もしあなたが上層世界を明かさないのなら(カバラを使うことでしかできませんが)、あなたは動物と同じように死ぬことになります。そしてその後、新たな(タンパク質ベースの)人生を授かります。これはあなたの生涯で上層世界を明かすためのもう一つの機会です。よって「もし人がカバラの勉強に従事しないのなら、彼は再びこの世界に戻ってこなければならない」のです。(Baal HaSulam,”Introduction to the book Fruits of Wisdom”)

人はあらゆる点において動物に似ています。そして動物と同じように、死は誰もの最後を意味します。しかし、そこには代替手段が1つだけあります。それは創造主の特質を獲得することです。それは隣人にたいする愛です。人はこの特質を通して上層での「生」を感じます。なぜなら、その人は自己の外側に出て、他者の内側に入ることができるからです。

宗教で“死後の人生”(宗教の違いによってその解釈は異なりますが)が現実になることを約束するものはありません。“ここ”でしたことのご褒美が、“そこ”で待っていることはありません。私達は“ここ”で生きている間にしか、すべての創造を達成して、創造主に到達することはできません。

よって「誰もがカバラを勉強しなければならない。もしその人がトーラーの複雑さを習得し、世界中にいる高潔な人を超えたとしても、もしカバラを学んでいなかったとしたら、カバラを勉強するためにまたこの世界に戻ってこなければならない」のです。(Baal HaSulam,”Introduction to the Book Fruits of Wisdom”)

寂しさは不健康

新聞記事(Mail Onlineより):“寂しさは、喫煙や肥満と同じくらい健康を害すると専門家が警告” 寂しいと感じることは血圧を上昇させ、ストレスや鬱病にかかる危険性を増やします。心理学者のJohn Caciopo氏は、寂しいと感じる人に友達をつくるように助言します。「寂しい人は空腹を感じます。その解決の鍵は、食べることではなく、他者のために料理をし、一緒に食事を楽しむことにあります。」

私のコメント:生物にとって健康になる方法はただ1つです。それは全生物を構成する各部分の間に、調和のとれた繋がりがあるときです。そしてそれは人間でも同じことです。私達が相互保証という手段をつかい結束するとき、私達はより上の段階の人生を見つけます。つまり、永遠で完全な認識とは、私達の繋がりの間に発見されるということです。

現在の危機とは、エゴイズムによって分断された私達の魂が、1つに戻ろうと変化している兆候です。私達が再び1つになる時、上層世界での人生をその中に発見することでしょう。