Entries in the 'スピリチュアルワーク' Category

過ぎ越しの祭り──出エジプトのレベル

thumbs_laitman_749_01トーラー「レビ記23:4 – 23:8」以下は主の祝日であり、その日あなたたちはイスラエルの人々を聖なる集会に召集しなければならない。 第一の月の14日の夕暮れが主の過越である。同じ月の15日は主の除酵祭である。あなたたちは7日の間、酵母を入れないパンを食べる。初日には聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。7日の間、燃やして主にささげる献げ物を続けて、7日目に聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。

質問なぜ過ぎ越しの祭りの最初と最後の日に働くことが禁じられているのですか?

答え:スピリチュアルな作業の2つの状態、すなわち、下層からの目覚めと上層から目覚めという2つの状態を区別するからです。

下層からの目覚めの間、私たちは切望によって光と器の協調を呼び起こします。つまり光が器を是正し、正しい意図を与えるのです。 上層からの目覚めの間に、この作業は上層から遂行されますが、それは私たちが前もってそのための正しい状態を作り出す時のみ遂行されます。

私たちは祝日の最初と最後の日のために正しい状態を作り出すよう、努力をします。なぜなら、過ぎ越しの祭りの週は上層の光がすべての作業をするので、最後は何もしない状態で閉じられなければならないからです。祝日の最初の日は出エジプトの始まりです。 最後の日は出エジプトの終わりで、それを封じるのです。

世界の国々が異なる暦を持っているということは重要です。 キリスト教の暦は太陽の動きに基づいています。 イスラム教の暦は月の動きに基づいています。 それに対して、ユダヤ教の暦は太陽と月、そして地球の動きを考慮しています。なぜなら地球が太陽と月の間にある中心的な物体だからです。

一方で、私たちは太陽の周りを回っている地球の公転を意味する年を考慮に入れます。また一方で、地球の周りを回っている月の公転である月(マンス)を考慮に入れ、そしてその二つを比較します。ユダヤ教の暦は変わらないので、たとえば、35年後の過ぎ越しの祭りの初日の曜日を事前に計算することができます。

さらに、太陽、地球、月の動きの比較に基づくと、過ぎ越しは月(マンス)の特定の日にはできないと言うことができます。 つまり、すべては一般天文学系に正確に関連しているのです。

質問:トーラーは聖なる集会について何度も言及しています。なぜ私たちは過ぎ越しの祭りに集まらなければならないのですか?

答え:過ぎ越しの祭りの間の聖なる集会は、イスラエルの民にとって最も重要なことです。なぜなら、実際、彼らの統一したいという欲求のおかげで、エジプトから出る必要性を持つからです。

個人とグループ、社会、国家、あるいは全世界との統一は、実際、エジプト(エゴ)からの脱出のさまざまなレベルです。私たちが統一の力を獲得する時、ある緊張、つまりこの脱出、エゴからの分離が起こるのです。

それは常に私たちの間にあり、私たちを隔て、互いに拒絶を感じさせます。もし私たちがそれを圧縮し、凝縮し、統一し、互いにつながろうとし始めるなら、私たちが最初に統一を獲得する瞬間、エゴからの脱出が始まります。

過ぎ越し(出エジプト)の最初の日に、私たちはこのつながりを固く結び始めます。そして、週の間それに取り組み、出エジプトの最終日に完全に統一します。その瞬間から、私たちは統一した国家なのです。

しかし、その一方で、人々は何をすべきかを理解していません。エゴから逃げたいという欲求を駆り立てる方向があるにもかかわらずです。しかし、それは、適切な認識のない動物的な本能にすぎません。人々はシナイ山の麓に集まる時、その認識を獲得するでしょう。

[154411]
From KabTV’s “Secrets of the Eternal Book” 5/28/14

世界を是正するために何人の人々が必要か?

thumbs_Laitman_004質問:クリエーターは今日、世界中に存在するおよそ70億の人々の内側に包まれる巨大な受け取りたいという欲求を創りました。バール・ハスラムが彼の記事「最後の世代」で書いているように、もしかしてクリエーターはわずか数千人、あるいはそれ以下の人々の中にだけ包まれるということなのでしょうか? 受け取りたいという欲求の是正に向かう生物としての身体の数によって違いが生まれますか? それとも、10人で充分ですか?

答え:はい、そうです。最も重要なことは、その10人の人々が全世界のエゴイズムの縮図になるだろうということです。言い換えると、人類(何十億もの人々)すべてのエゴイズムがこれらのten(10人)に凝縮されるでしょう。これらのten(10人)はこのエゴイズムを集め、無化し、一つの統一体中へと統合します。この状態はアダム、つまり、一つの共通の魂と呼ばれます。

当然のことながら、エゴイズムが数十億人に包まれている時より、10人に凝縮されている時の方が、それを是正することはより複雑で難しいでしょう。それゆえ、カバラの知恵は特に今日、私たちに是正するよう呼びかけているのです。

将来起こりうる第三次世界大戦後に、それはより悪化するでしょう。たとえ戦争がもたらす苦しみが人々に統一を強いるとしても、選択の自由は依然として存在するでしょう。統一するという決断へとどのようにすべての人々を至らせるかという問題を抱えるでしょう。そのため、私たちは今日、是正に従事しなければならないのです。

[195359]

From the Kabbalah Lesson in Russian 7/10/16

どのように上層の光を引き寄せるのか

2013-07-12_congress-piter_7375_w質問:もし私が相手に対して無関心だったら、どうやってその人に上層の光を引き寄せることができますか?

答え:あなたがその人とつながらないと、あなた達の間にある循環そのものの中に、上層の光を現せないと、一緒に学びながら徐々にあなたは気付き始めます。

したがって、彼とつながって上層の光が降りてくるシステムを作る以外に、あなたに他の選択肢はありません。それは一人の人間の中には現れません。私たちの間のつながりの中にだけ現れるのです。

[197882]

From the Kabbalah Lesson in Russian,8/28/16

 

祝福と呪い

laitman_238_01『トーラー』「申命記 第11章26−28節」見よ、私は、今日、あなたがたの前に祝福と、呪いとを置く。もし、今日、私があなたがたに命じるあなたがたの神、主の命令に聞き従うならば、祝福を受けるであろう。もしあなたがたの神、主の命令に聞き従わず、私が、今日、あなたがたに命じる道を離れ、あなたがたの知らなかった他の神々に従うならば、呪いを受けるであろう。

もし人がクリエーター、つまり唯一無二である自然の上層の力との付着へと導く道から離れるなら、言うまでもなく、彼は間違いを犯し、「他の神々」、つまり自然の他の力へと向かいます。

「あなたがたの知らなかった他の神々に従うならば」とは、すなわち、あなたがそれまでそれらの神々を、きわめて重大で決定的で、根本的なものとして考慮に入れていなかったということです。もしあなたがいま、それらの神々を選択し、支配者として見るならば、言うまでもなく、あなたは呪いを受けます。

人は唯一無二の真の支配する上層の力に背を向けることによって自分自身に非難を招きます。上層の力の派生物であるすべての他者がその支配下にいるのです。

これが呪いです。私たちに上層からの特別な何かを送ってくれる神はいません。私たちはただそのような比喩的な方法でそれについて話すだけです。私たちの行為を通じて、私たちは共通のシステムの歪みを引き起こします。それ故、私たちは自分たち自身の上ですべての結果を感じるのです。

質問:なぜ『トーラー』のこの部分はレヘ(見ること)と呼ばれるのですか?

答え:なぜなら、私たちがスピリチュアルなシステムに至る必要があるからです。結局のところ、視覚は人間の最も強い感覚であり、私たちがどこにいるのか、何者なのかという知識と理解の最も力強い源です。それゆえ、私たちは視覚、つまり最も高い認識を通じてすべてを知覚する必要があるのです。信じたり、単純に認めたりするのではなく、その本質を本当に理解するために。裁判所においてさえ、証人は見た人だけがなりうるのであって、聞いただけの人はなれないのです。

[195186]
From KabTV’s “Secrets of the Eternal Book” 6/22/2016

 

 

悪い考えはどこからくるのか?

laitman_2010-11-10_8190_us質問:どのように悪い考えは私たちの人生に影響を与えますか?良いことが起こる為にはどうしたらいいですか?

答え:あなたを目標に導く良い考えとして悪い考えを想像することが必要です。

質問:しかし、これらの考えは環境から私たちにもたらされたものです……。

答え:悪い考えは環境によるものではなく、創造主が環境を通じて私たちに与えるのです。宇宙には自ら私たちに影響を与える物体は一つもありません。すべての背後にクリエイターが常にいて、私たちの前でこの演劇を上映しているのです。

[195497]
Из урока на русском языке, 09.06.2016

どのように世界をコントロールできるのか?

質問:私たちはしばしば、人々の間の特定の心の状態がどのようになっているのかを観察します。変わりたい、やせたいという願望や、幸せまたは憂鬱な感情は、それらの飛沫によって伝染します。人はどのようにして、このような感覚が個人的な感覚なのか、それとも環境から押し付けられたものなのかを知覚することができますか?

答え:私たちがシステムの性質を探求すればするほど、私たちは全てが他のみんなに依存していることに気づきます。これは深く相互的な関係であり、私たちの間の幾千もの関係性から成っています。もちろん、私たちはそれを実感していませんが、そのつながりは変わらずあります。それは絶えず続くものであり、無視することはできません。

私は砂漠の島や深い森に隠れ、切り離すこともできますが、それでは自分と社会の距離が大きくなるので、私は自分自身に限りのある、みじめな人生を強いることになります。たとえば、もし私が一人でこの宇宙にいるのなら、私の全ての感覚が体から切り離された細胞や肉の小さな破片のように萎縮することに、私はすぐに気づくでしょう。

私たちがお互いにコミュニケーション手段を学ぶことは、とても重要です。なぜならそれは真の環境に関連する立場に私たちを据えるからです。第一にそれは人間社会、そしてそこにどのように結びつくべきなのかということに関連しています。

人はどのようにそのようなつながりを発見することができますか? どのようにそれらの感じ方を学べるのでしょうか? どういう形で、私たちは与え受け取るべきですか? 原則としてそれが私たちのゴールであり、この意味は、私たちが統合されたシステム、つまり幸せな人生へ到達する方法を勉強しなければならないということです。

コメント:私たちの中の何かが間違っていて、私たちがその理由を感じる時、私たちは直感的に自分自身に注意を払い始めます。

答え:私たちには生理学的、精神的ないかなる病気、または個人的、家族的な問題、もしくは共通の全世界的な問題はありません。私たちが自分自身を見つけるシステムの欠点があるだけです。それゆえ私たちには、政治、経済、金融、そして各国々や人々の生活が混ざり合ってお互いに依存していることがわかります。

もし私が誰かを統治しようとするなら、私は間違いなく真逆の反応を得ることになります。かつて、ヨーロッパはアフリカやアジアを治めたいと思っていましたが、今や移民に翻弄されています。

質問:だとすると、もし私が何か間違っているのなら、私は自分自身のなかにその原因を探すべきなのでしょうか?

答え:興味深いことは、“私”はこの理由にはならないということです。私は私が誰であるのかによって、もしくは全システムがそうであるからといって自分自身を責めません。しかしながら、私はそのシステムが変化することに力を与えることができ、それは私に変化をもたらします。実際、インテグラル・エデュケーション(統合的教育)の手法は人々に世界がどのように働きそれを管理しているかについて理解を与えます。

質問:自分の状態はシステムの一般的な状態によって起こされていると気づくということですか。このような理解に対しどうしたらいいのでしょうか?

答え:あなたのように人生の質を向上させたいと思っている人々から成るグループに、あなたは加わります。例えば、私たち10人がいます。そして私たちは様々なエクササイズやゲームを通してお互いにコミュニケーションを始めます。

もし私たちが適切につながるのなら、私たちは自分たちのエゴや個人的目的、習慣を超えてつながりを感じ始めます。共通の使命で結ばれた人々のグループや、個人的利益が共同体の利益よりも下にある家族で、時々この感情が起こります。

私たちがつながって一つになるその瞬間、その“一つ”は統合された感覚を生み出します。このような感覚を通して、私たちはこの世界に含まれる一体化した力を、まるで衛生配列が宇宙からの信号を吸収するように掴み始めます。

質問:そのような情報は人生においてどのように私を助けますか?

答え:社会は閉ざされたシステムです。もし私たちが話題にしている10人のグループのように、小さな各部分のバランスがとれるのなら、それは確実に人間社会をより健全にします。人々は徐々にこのアプローチでそれに気づくようになり、すべての人類の欠点を正すことが可能なのです。

[153593]
From KabTV’s “A New Life” 11/12/13

永遠とは何か?

質問:なぜ私たちは創造のゴールを切望しなければならないのですか? 人生において何かを達成することを考えて生きるほうがいいのではないでしょうか?

答え:それは自己欺瞞です! 世界が動く仕組み、その構造、私たちの運命、人生の意味、そして天地創造の目的地を理解したい欲求が私たちに与えられている事実を、無視することはできません。

これらの問いはヒューマンレベルに属するものですが、それをあなどることはできません。あなどれば、世界のほとんどの人々のように絶望していってしまいます。この絶望によって、彼らにはカバラの叡智が明かされませんでしたが、私たちには既に明かされています。だからこそ、私たちは絶望と薬物乱用を克服するよう彼らを助けなければなりません。

質問:人は通常、命の最後の瞬間に「私はこの人生で何をしてきたのか。何か残したのか」と思うものです。

答え:私は以下のように異を唱えます。この世界と私たちのささいで意味のない文明は限りがあるものです。たとえあなたがこの世界で何をしようとも、すべては消えて何も残りません。最終的にクリエーターが明かされるであろう唯一つのユニークなシステムへと人々を共に導くために、あなたが何をしたのか? 唯一そのことだけが記録されます。

特質と行動だけが残ります。それらはシステムの中で保たれ、それゆえ永遠なのです。さらには、それらはあなたの口座に記録されます。その他は何も残らず、未来に継続するものは何もありません。

[187480]
From the Kabbalah Lesson in Russian 3/13/16

身体と魂のオーナーになる

私たちは幼少時から、性質や意見、感情などを持つ他人として自分の身体と関わることを教えないといけません。

たとえば、身体の一部分が痛むとき、身体が痛む、痛みがあるのは体だと言わなければなりません。つまり、「それを苦しませなさい」とラバシュが体を指して言ったように、当の本人とは同化しない“部分”として、むしろしばらくの間彼のとなりに存在する別物として体と関わってください。

このような体に対するふるまい方のトレーニングで、それは魂に加えて私たちに与えられたものであると理解し、魂と身体を区別することが徐々に習慣になっていきます。私たちはまた魂について、特定の目的のために特定の期間与えられたものとして話さないといけません。

人は自ら、身体と魂両方のオーナーとして、身体が持つエゴと魂が持つ崇高な目的の両方を共に管理しないといけません。魂と身体は2つのラインのようなもので、私たちはそれら2つを組み合わせ、その総和として3つ目のライン作らないとなりません。そして、あなたはあなた自身を、あなたが具現化されたものを、双方の組み合わせの結果としてみるのです。

[187343]

愛と憎しみの間の小さな架け橋

質問:人生においてより幸せになるために、自分の性格や性質を変えるべきですか?

答え:いいえ、私たちがしなければならないことは、お互いに正しくつながることだけです。このつながりの中にクリエイターを発見することで、誰もが同じであり続けます。そのうえ人は、自分自身を曲げたり、あえて他のものになろうとする必要はなく、エゴをなくすことに従事する必要もないのです。エゴよりも高いところに自分と他者のつながりを復活させる、それだけで十分なのです。

質問:つながりとは何ですか? それに似たものがこの世界にありますか?

答え:あなたがある人を憎んでいて、そして同時に彼を愛している状態を想像してみてください。もし私たちがこの2つの態度の間で平均値を算出してその平均の態度に達するなら、それはつまりあなたの他者に対する態度と他者のあなたに対する態度の中間なのですが、それは正しい相互的つながりになるでしょう。

私たちは、自分達の態度が避けることのできない性質であり、変えることができなくて当然だと決めてかかっていますが、その上に相互的つながりの小さな橋を架けることができます。利己的な憎しみと利他的な愛の間の差が大きければ大きいほど、人はより高く上昇し、自分と他者との間に発見するクリエイターの偉大さはより際立ったものとなります。

質問:これらの関係は父と息子の関係に似ていますか?

答え:まったくもって違います。父と息子は動物レベルの関係性、つまり動物的な結びつきによってつながれています。

質問:なぜ正しい関係の手本がないのですか?

答え:なぜなら私たちは愛と憎しみという2つの感情を同時につなぐことができないからです。しかしこのような相互的な関係を築くために、私たちには志を同じくする人々のグループが与えられたのです。

[184462]
From the Kabbalah Lesson in Russian 3/13/16

スピリチュアルな歓びの秘密

質問:なぜあなたはスピリチュアル・ワールドに到達した喜びについて、ほとんど話さないのですか?

答え:喜びについて話そうとしても、残念ながらそれを言葉にして伝えるのは不可能です。

「もし常に人類が経験してきたか、もしくは経験している、これから経験するであろうこの世界のすべての喜びを合算しても、最も低いスピリチュアルレベルにおけるその10億倍素晴らしい上層の光と比べるなら、それはただの小さな火花にすぎない」と、カバリストは書いています。

私はそれを信じませんでしたが、それをよく調べて照合した結果、確信するようになりました。私はあなたにも同じようにすることを望みます。

コメント:人がいかに全人類の歴史上の喜びに対抗する準備ができているか、想像することしかできないのですね!

答え:人が受け取りの意図でなく、与える意図を持って動くとき、彼は、彼自身を通して世界の全ての喜びを受け渡すことができます。そして、その人は受信機ではなく導線になるため、「電気ショック」を受けることはありません。

彼は自分を通して他者に全てを受け渡すパイプのようなものなので、光そのものではなく、他者を満たすことで得られるものを楽しんでいます。これが秘密の全てです。

[183174]
From the Kabbalah Lesson in Russian 2/28/16