Entries in the 'スピリチュアリティ' Category

過ぎ越しの祭り──出エジプトのレベル

thumbs_laitman_749_01トーラー「レビ記23:4 – 23:8」以下は主の祝日であり、その日あなたたちはイスラエルの人々を聖なる集会に召集しなければならない。 第一の月の14日の夕暮れが主の過越である。同じ月の15日は主の除酵祭である。あなたたちは7日の間、酵母を入れないパンを食べる。初日には聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。7日の間、燃やして主にささげる献げ物を続けて、7日目に聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。

質問なぜ過ぎ越しの祭りの最初と最後の日に働くことが禁じられているのですか?

答え:スピリチュアルな作業の2つの状態、すなわち、下層からの目覚めと上層から目覚めという2つの状態を区別するからです。

下層からの目覚めの間、私たちは切望によって光と器の協調を呼び起こします。つまり光が器を是正し、正しい意図を与えるのです。 上層からの目覚めの間に、この作業は上層から遂行されますが、それは私たちが前もってそのための正しい状態を作り出す時のみ遂行されます。

私たちは祝日の最初と最後の日のために正しい状態を作り出すよう、努力をします。なぜなら、過ぎ越しの祭りの週は上層の光がすべての作業をするので、最後は何もしない状態で閉じられなければならないからです。祝日の最初の日は出エジプトの始まりです。 最後の日は出エジプトの終わりで、それを封じるのです。

世界の国々が異なる暦を持っているということは重要です。 キリスト教の暦は太陽の動きに基づいています。 イスラム教の暦は月の動きに基づいています。 それに対して、ユダヤ教の暦は太陽と月、そして地球の動きを考慮しています。なぜなら地球が太陽と月の間にある中心的な物体だからです。

一方で、私たちは太陽の周りを回っている地球の公転を意味する年を考慮に入れます。また一方で、地球の周りを回っている月の公転である月(マンス)を考慮に入れ、そしてその二つを比較します。ユダヤ教の暦は変わらないので、たとえば、35年後の過ぎ越しの祭りの初日の曜日を事前に計算することができます。

さらに、太陽、地球、月の動きの比較に基づくと、過ぎ越しは月(マンス)の特定の日にはできないと言うことができます。 つまり、すべては一般天文学系に正確に関連しているのです。

質問:トーラーは聖なる集会について何度も言及しています。なぜ私たちは過ぎ越しの祭りに集まらなければならないのですか?

答え:過ぎ越しの祭りの間の聖なる集会は、イスラエルの民にとって最も重要なことです。なぜなら、実際、彼らの統一したいという欲求のおかげで、エジプトから出る必要性を持つからです。

個人とグループ、社会、国家、あるいは全世界との統一は、実際、エジプト(エゴ)からの脱出のさまざまなレベルです。私たちが統一の力を獲得する時、ある緊張、つまりこの脱出、エゴからの分離が起こるのです。

それは常に私たちの間にあり、私たちを隔て、互いに拒絶を感じさせます。もし私たちがそれを圧縮し、凝縮し、統一し、互いにつながろうとし始めるなら、私たちが最初に統一を獲得する瞬間、エゴからの脱出が始まります。

過ぎ越し(出エジプト)の最初の日に、私たちはこのつながりを固く結び始めます。そして、週の間それに取り組み、出エジプトの最終日に完全に統一します。その瞬間から、私たちは統一した国家なのです。

しかし、その一方で、人々は何をすべきかを理解していません。エゴから逃げたいという欲求を駆り立てる方向があるにもかかわらずです。しかし、それは、適切な認識のない動物的な本能にすぎません。人々はシナイ山の麓に集まる時、その認識を獲得するでしょう。

[154411]
From KabTV’s “Secrets of the Eternal Book” 5/28/14

すべては私たちの欲求次第

thumbs_Laitman_514_04質問:私たち皆が知っているとおり、スピリチュアルな是正には何百万年もかかりますが、どうしたらそれを加速することができますか?

答え:スピリチュアリティは年月で測れないので、それは多くの時間を必要とはせず、実際は私たちの欲求のみにかかっています。ニワトリのように「卵がかえるのを待って」いても、私たちは何も達成することはできません。つまり、すぐにこれらすべての行動を越えて、その上に飛び跳ねることが私たちはできるのです。すべては私たちの欲求次第です。

私たちがお互いに望むものを見せて、お互いを憎しみ、妬み、競争し合うといった様々な感情を駆り立てる程度まで、欲求は私たちの間で発達しています。これらはとても助けになっています。

[193503]
From the Kabbalah Lesson in Russian 5/8/16

 

カバラに於けるイエス・キリストの居場所

受け取った質問:あなたが世界に提供する情報は強く心を捕らえます。私の家族全員はキリスト教正教徒で、私は子供の時から聖書と新約聖書を読んできました。私の質問は:あなたの科学の中のどこにイエス・キリストは居るですか? これは何よりも私を心配させ、あなたの方法に於いて唯一懸念を引き起こすものです。

私の答え:彼(イエス・キリスト)は不在です。なぜなら私の教えは3人の主要なカバリストに基づいているからです:ラシビ(ゾハールの書)、アリ、バール・ハスラム。他の科学と同様、カバラはどんな宗教とも関係がありません。カバラは第六感、つまり是正された欲求、を通じて知覚され調査される力の物理学です。

その一方で宗教は、上層の光を用いて自身のエゴイズムを是正することについてではなく、ある特定の行為および儀式を私達の世界で実行することについて言及します。しかしながら、全ての宗教はこの行為(上層の光を用いて自身のエゴイズムを是正すること)がその宗教のおかげであると望んでいます。

613個の欲求についての全て

hope

受け取った質問人間の中に存在する613個の全ての欲求を1つずつリストアップしてもらえますか?

私の答え:613個の全ての欲求を詳細に説明してほしいわけですか?しかし何のためにですか?その1つもまだあなたの中に存在していません! それらはスピリチュアルな上昇の間、マクソムを越えた後に人の中で明かされます。「主の恵みふかきことを味わい知れ」と書かれているように、これらの欲求はクリエーターからの喜びを感じたいという人の欲求です。

クリエーターを明かすことによって、あなたは彼のことを613個の喜び又は楽しみとして感じ始めます。最初はそれらの喜びを自分自身のために喜ぶという意図の中で感じます(クリポットのABYA)。その後にそれらの意図を「彼のため」にという形に是正します。私たちの言語ではこれらの欲求を表現または説明できません。なぜなら、私たちはまだそれらの欲求を有していないからです。

健康はスピリチュアルな必要物

質問:偉大な思想家であり医者であったラムバム(マイモニデス、12世紀の著名なユダヤ人哲学者)はいくつかの仮定を設定しました。その一つが「健康的に生活することはスピリチュアルな必要物である」というものです。これについて説明して頂けますか?

答え:私達の健康とは、人間と自然の間の全体的均衡の条件の一つです。またその人自身とクリエイターへの固着のバランスの条件の一つでもあります。そのような訳でメンタル、モラル、フィジカル、エシカル(倫理的)、スピリチュアル、サイコロジカルの全てのレベルでのバランスは、皆一つのことであり、同じ完全な均衡のシステムなのです。人は未来においては、世界全体とともに完全な是正に至り、あらゆる側面からポジティブ・フィードバックのみを受け取り、総体のバランスによって、絶対的な健康にいたることに疑いはありません。

私達は永遠、無限、永遠の命について話すことができますが、これらすべては今のところ私達のことではありません。私達は人間の中に起こりうるこれらすべての美しい変化をまだ理解しません。なぜなら現在の私達が抱いている観念は、この物質的肉体は永遠に存在することはできない、というものだからです。しかしポイントはそこではありません。

事実は、人間が全体システムの中に包含されるときにのみ、それは可能だということです。その時世界の全ての人々は正しくつながり、相互に補い合い、誰もの健康が、他の皆の是正された健康によって決定されるようにお互いをバランスさせるでしょう。

質問:ラムバムが、肉体の健康がスピリチュアルな必要物であると言うとき、「スピリチュアル」という言葉で何を意味しているのでしょうか?

答え:スピリチュアルという言葉は、人の未来のスピリチュアルな状態を意味しています。人が自分の動物部分の上に昇り、自分のスピリチュアルな部分を健康にし始める時のことです。その時点では、この部分のことはカバリスト以外によっては誰にも感じられません。全ての人が一種の内的な潜在的な胎芽を持っています。それは小さな子供でも未来の可能性としては自分の未来の子供が組み込まれていることに似ています。つまりある人のスピリチュアルな部分はまだどのようにも顕現していない状態です。

From KabTV’s “The Medicine of the Future” 4/7/13

生命の未解決のミステリー

カバラの知恵は全創造物を4つに分類される受け取る意志のようであるとみなします:静物(無生物)、植物、動物、そしてスピーキング(人間)。

実質的に、これはそれらの内部で働く生命力について語っています。静物の基本的なレベルにおいて、それはその構造を持続させるという強制された必要性(欲求)のみを構成します。したがって、全てのものは「プラス」と「マイナス」から、電子と陽子から、つまり単純な両極性から始まり、他の粒子がそれらへと集められ、原子の内部に完全な「宇宙」を形成します。

そのあとに、原子は様々な形態の無生物の物質を作り上げます:気体、液体、個体、プラズマ。そしてその次の段階でそれらは結合して分子になります。そして、ある特定の瞬間に物質の内部に生命が形成されるのです。

私たちはどうやってこれが起きるのか理解していません。なぜなら今まで粒子が「機械的に」お互いに結合していたのに、突如として何か新しいものがそれらの間に現れるからです。

生命とは何でしょうか? それは単なる電子の「飛躍」でしょうか? そうではありません。基本的に、どういうふうに生命のある有機物と静物の生命のない物質は違うのでしょうか? 科学はこれを知りません。しかし私たちは、その生命力、代謝、生殖、あらゆる種類の相互的なつながり、記憶が作られること、あらゆる種類の異なる細胞のつながりと特異性を生じさせる反応を作り出すことを目にします。この全進化の起源は未だに謎のままです。静物レベルから植物レベルあるいは動物レベルを作り出すことに成功した者は誰もいません。

しかし実際のところ、これは生命力、物質の内部で働く欲求(願望)について語っています。それは光と器のスピリチュアルな相互作用から生じるのです。そしてこれこそが、何故その出現を物理的な言葉で説明することができないのかということの理由なのです。

このように、受け取る意志は創造における基本的な力であり、私たちはその存在を証言することしかできません。残りのすべてを後で発見して認識できるようになるために、このことを事実として受け入れることには価値があります。ようするに私たちは、私たちの発達における特定の瞬間に、ある種の現実の中で私たち自身を認識する被造物であるのです。確かに私たちは疑問を投げかけますが、それらの事についての答えを見つけるためには、創造の始まりあるいはその終わりに行ってみることが必要なのです。

人は壮大な創造物の限られた小さな部分であり、もし彼がそれを研究したいのなら、まず最初にその次元にまで、要求される高さにまで成長しなくてはなりません。その後になって初めて彼は分析と統合を通じてそれを把握、吸収、そして調査できるようになるのです。

一般的に、生命は光です。しかし私たちは静物、植物、動物、そして人間というこれらのレベルにおける現象に対する私たちの理解の内部にある欲求(願望)の内部にこの事を発見します。たとえ私たちの意識の「スクリーン」上に光によって描かれた様々な映像を見るとしても、実際それは単一です。たとえそれらが強制的に様々な感情を私たちに経験させるとしても、このすべては現実の中ではなくて私たちの内面で起きていることなのです。現実の中に存在するものは、欲求(願望)と多かれ少なかれそれに生命を与える光だけです。光の程度がより大きければ人はよろこび、より小さければ泣きます。このようにして私たちは発達するのです…。

From the 4th part of the Daily Kabbalah Lesson 4/10/13, “Introduction to The Book of Zohar

上層世界へ逃亡したい

質問:この世界には多くの立派で聡明な人々や力などが存在します。そして、スピリチュアリティにおいては「彼以外に他は在らず」と素っ気なく簡単にいわれます。スピリチュアルな世界に急いで行きたくなるためにどうすれば私はスピリチュアルな世界への興味を感じて、それを味わい、それから喜びを得れるのでしょうか?

答え:どのようにして上層世界への興味を感じれるのか?もしあなたが今以上に興味を感じるのなら、あなたは自分のエゴイズムによって動かされて、エゴイズムを超えて克服し、上層世界へと急ぐことは絶対にないでしょう。故に、上層世界は私益のためではなくエゴを超えて努力するという機会を私たちに与えるために隠されているのです。

もし私たちがエゴイズムを通じて上層世界に移動したなら、私たちは永遠に私たちの身勝手さの中に留まり、エゴイスティックな殻の外へ出る見込みは全くなくなり、その中で生き埋めになるでしょう。私たちがエゴイスティックな領域を超えることは絶対にないでしょう。

もし上層世界がたった今あなたに明かされたなら、あなたはこの物質領域に何の価値もないことをすぐに理解するでしょう!私たちは、人々が自分自身に食べ物を与えるためだけに生きている動物であると明確に認識するでしょう。私はこの人生を哀れに思います。この時点で、努力する価値のあるものは何もなくなり、子どもを産んで苦しみ続けることには意味がなく・・・どうでもよくなります。その後には何があるのでしょう?

思い出しました、上層世界があります!まず何よりも、それはどんな限界をも超える永遠です。時間、動き、情報、全てのものが開かれるようになります。時間は存在しなくなります。時間はこの世だけに存在します。光速を下回る速度においてのみ時間は存在すると物理学者が言及するように。そこでは情報が完全に入手できるようになります。人は自分自身が無限の空間に存在していると気付き始めます。人は諸世界の全システム、つまり宇宙全体のなかで起こっている全てのことについての完全なる知識を獲得します。このシステムがアナログであるためです。システム・クロックは存在しません。それはパルスでは動作しないのです。それは常に連続動作し、同時に静けさの中で静止しています。あなたはそれの中に居ると感じます。そしてそれと同時にそれがどういうわけかあなたの内側に存在していることを知っています。それは、あなたが、存在している全てのものであるということを意味しているのです!

仮にあなたが偶然その様相の最も小さな部分でさえ、その1グラムでさえ見たとするなら、あなたはその感覚の奴隷となるでしょう。バール・ハスラムは、もし私たちの欲求の収縮(その時、人は自分のエゴイズムを自分の胸に秘めて、それを超越することさえもできるようになります。)の前に上層世界の啓示が私たちに起きたなら、たった一生に一度だけその感覚を経験するために、この計り知れない喜びの啓示の1滴でさえ、人に自分の手足を一日に七回切断することを余儀なくさせると書いています。

分かりますか?あなたは奴隷となり、この喜びを追い求める以外に全く何もできなくなるでしょう。あなたはグループ内でも他のどこでも、この種の喜びを受け取るためだけに多大な努力をするでしょう。言い換えれば、あなたはそれを利己的に切望し、そのために自分自身をそれからなおさら遠ざけてしまうでしょう。

質問:もし私たち自身の力が無いなら、どうやってその状態になんとかして到達したいと思うことができるのですか?

答え:友達に訊きなさい。彼らだけがあなたの将来を保証することができるのです。彼らが目標に向かって努力するなら、あなたは達成します。もし彼らがしないのなら、あなたは達成しません。

From the Kharkov Convention “Uniting to Ascend” 8/17/12, Lesson 1

来世

人間と猿 - カバラモーメント 2011.5.24

それをして下さいとクリエーターに頼みなさい

私達は、私達がクリエーターにそれをしてくださいと求める以外に、何もしてはならないということを忘れます! それどころか、私達は、どうやってが自分のハートを強制して開くべきか、どうやってが他者と繋がることが出来るのか、または、どうやって他者が自分に繋がることが出来るのか、と考えます。しかしながら、私達はこれについてまったく考えるべきではないのです!私達は繋がりを私達の利己的な頭(知性)の中で想像します。けれども、私達の考えていることとそれは、全く似ていないのです。

これは上層の世界の段階です―私達は新しい現実を明らかにしているのです!私達は、求めることだけ、それだけをしなくてはならないのです!私達は、すべてが要求・依頼の理由で起こることを学びます。私達は祈り―マン(MAN)―を上げ、その反応として包む光―マッド(MAD)―がやって来てすべてを是正するのです。そして一方、私達はその是正の間にただ居るだけでよいのです。すべては上層からやってきます。私達に関しては、要求、嘆願、そして強い願望が必要なのです。

この点に問題があります:私達はクリエーターに頼るのか、それとも、すべてを独立して(自主的に)行うのか?これが、私達が過ちをおかし、何年も行き詰まり、呼びかけ、要求、依頼以外にはなにもないということを理解するために方向を、少しさえも変えることが出来なくなる点なのです!

この依頼を達成するために私達は努力しなくてはなりませんが、それはこれだけを遂行するためです。もし私達が独立して愛と友情に基づく正しい社会システムを構築しようと試みようとしても、これは、私達がゴールから遠ざかっていること、つまり私達が本心を表していなく、お互いを嫌っていて、ユニティーに全然近づかないということ、を理解させる長い道のりになるでしょう。

カバラは私達をとても正確な分析にもたらさなくてはなりません:もう一人の人と繋がろうとするな、これはあなたには出来ません、あなたも彼もエゴイストです。上層の光のみが、それを出来るのです。上層の光はやって来て私達を一緒に結合しなくてはなりません。上層の光だけです!

したがって、お互いの繋がりを探さないでください。なぜなら「夫と妻と彼らの間のシェヒナ」と記されているからです。その意味は、私が居て、私の友が居て、私達の間にクリエーターがいるということです。「上層の中で和解する彼は、我々の中で和解する」(Oseh Dhalom BeMromav, Hu Yaseh Shalom Aleinu)。

私達を一緒に繋げる力を持たないで、私達がお互いに向き合うときは、いつでも偽の呼びかけです。私達がハグするとき、私達はハグしたくありません。あるいは、この世界のレベルでそれをするのです。私達は本当にお互いから、愛、ユニティー、または友情を要求してますか?それはこの世界の段階においてだけです。私達の誰が、もう1人の人の保証人、またはその彼自身のでさえに、成れることが出来るのでしょうか?そのための力は私達のどこにあるのでしょうか?私達は、私達の間の空間のすべてを満たす上層の者を通じてでしか、お互いのことを切望することが出来ないのです。

もし私達が彼に空虚を満たし、私達をつなげ、そしていつも私達の間に居て下さいと要求するなら、それは簡単に起こるでしょう。カバラの科学は、私達をこの正しい姿勢・心構え・態度に至らすことを意図されて作られています。一方、私達は自分らの利己的な性質の内側に居るため、そのことから常に逃げてしまいますが。

「彼以外にはなにもない」ということを忘れずにいましょう!クリエーターが行為を実行するのです。しかし、それが起きるためには、私達が彼の行為よりも先に願望を持たないといけないのです。これを「契約を行う」と呼びます。私達がクリエーターとの契約を締結するのです:私達が要求し、そして、彼がそれ実行します。

小さな子供が歩いて大人を彼らの後ろに引くのと同様に、私達は、上層の力が創造した性質を是正するよう、上層の力を引いているのです。そうすれば、私達はクリエーターと同等に成れます。私達は相互保証を達成することも、それを本当に願うことでさえもできません。私達がユニティーについて話し始めるや否や、私達はその条件を覚えておかなくてはいけません:「イスラエル、光、そしてクリエーターはひとつである。」私自身、私の隣人、そして私達の間のクリエーター。私達三人が一緒になってでしか、真の和解と完成は達成できません。

まさに、グループに於ける1つになりたいという強い願望がすぐに、私達がすべての助けをクリエーターに頼まなくてはならないという理解を、私達にもたらすでしょう!

From Lesson 8 , World Kabbalah Convention 2010,  11/11/10