Entries in the 'グローバリゼーション' Category

コロナウイルス〜社会インフラを変化させる機会(Thrive Global) 

Thrive Globalが掲載した私の新しい記事「コロナウイルス〜社会インフラを変化させる機会」より

もし私たちが、互いに助け合い、支え合えば、この過渡期を通して、まったく新しいバランスと調和のとれた世界がやってきます

コロナウイルス(COVIDー19)の発生によって、人気がなくなったタイムズスクエア
2020年3月18日、ニューヨ—ク、米国。ロイター/Jeenah Moon

コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が始まってから、生活の中に起こった混乱に、私たちは多くの不平・不満を持っています。しかし、よく見ると、今は社会インフラをよりよく変化させるための、めったにない機会の最中であることが分かります。

世界中に広がったコロナウイルスの波紋。その効用として、私たちにユニークな認識テストが提供されました。コロナウイルスのパンデミックは危機かチャンスか、病気や薬か、ウイルスかワクチンか、自宅隔離か人のつながりの新しいステージか。それをどう見るかは、私たちの態度にだけかかっています。

自然はすべてのもの、すべての人を、さらにさらにとつなげていきます。そもそも自然本来の性質が、その内部の涙や裂け目のすべてを、修復して改善させることを目的としています。

過度の消費や物質社会での地位、搾取的な権威のために走り続けた、平行線上のレース。そこで私たちはそのうちの一つ、ないしは全部で他者と競り合い、人生を作ってきました。それが、突如、コロナウイルスの発症により停止したのです。

一歩下がって、一瞬でも人類を一つの生命体として見るのなら、いかにコロナウイルスが病気ではなく、治療薬として現れたか分かるはずです。エゴや消費中毒、物質依存症が細胞に染み込んだ人間、つまり私たちを治癒させるための薬です。

しかし、私たちは各自が他者を犠牲にして自己利益を追求し、それに応じて機能する社会インフラを構築し遵守しています。その中で利己的なレンズを通して見ることに慣れてしまってるため、コロナウイルスが生活に加えた制限に、プラスの効果を見ることがとても難しいのです。

私たちは自然と反対の物の見方をするため、自然のプラスの影響をマイナスに捉えます。自然が相互連結した一つのものとして、全体的に機能している一方で、私たちは個々に知覚し、自分を他者や自然とは切り離されたものとして認識しています。

また、自然が創造物を注意深くじわじわと、完全でホメオスタシス(恒常性)の状態へ導きながら、いかなる時も創造全体に利益をもたらすよう作用している場所で、私たちは真逆の方法で行動します。誰であろうと何であろうと、身勝手に、自分の利益や快適さに必要なものだけを計算し考えています。

自然にはマイナスな作用も姿勢もありません。私たちがマイナスと知覚するのは、自然のプラスで利他的な形とは反対の、マイナスで利己的な私たちの形のせいです。

コロナウイルスは自然が私たちに与えた治療薬、つまり互いにもっと前向きにつながるための機会。また、新しく発見された国際的な相互依存の関係を、互いを促進させる方法で実現するための機会。そのように見るのなら、私たち皆にとって幸せで健康的な世界を築くことができます。

当然、最初は私たちの間に確立されたバリアを破ることは難しいと思われます。しかし、互いに助け合い、支え合うなら、この過渡期を乗り越えて、まったく新しい調和のとれた世界を作るために必要なものを手にするでしょう。

— 2020年3月19日に公開

コロナウイルス時代〜人生を落ち着いて再考する時 (Medium)

Mediumが掲載した私の新しい記事「コロナウイルス時代〜人生を落ち着いて再考する時」より

コロナウイルスが世界的な現象になる前、私たちはとても危険な世界的状況にありました。

私はずっと、史上最も高い世界的な緊張と不安の警報が鳴りつつあると感じていました。国際債務の激増や緊迫した国際関係、莫大な汚染といった、個人的・社会的・国際的・生態学的な様々な問題。そのいずれにおいても、私たちの行く先では次の世界大戦が猛威をふるう、と感じていたのです。

何としてでも、私たちがこの地球の周りに構築した競争的・利己的で正しくないすべての関係性を落ち着かせる必要がありました。

突然、どこからともなくやってきたように見えるコロナウイルス。これが浮上したのは、まさに世界的緊張がプツンと切れる恐るべき時だったのです。

そのため、私は差し当たっての道が拓け、もっと悪い事態に至らなかったことを嬉しく思っています。

加えて、コロナウイルスの原因をめぐり散在してる理論より高いところで、最も強い自然の力があらゆる人とものを、非常に正確で思いやりのある方法で導いています。

私たち人類は、自らを袋小路に追い込んでいました。比較的穏やかに、そして私たちに他のどんな選択肢も与えることなく、自然は新たな状態を整え、私たちが抱えていた難局からの脱出手段を手配したのです。

そうして現在、私たちの多くは、なにもすることなく家の中でじっとしています。自分たちを忙しくさせ続けてきた非自然で非本質的なものは、すぐに消えていくでしょう。もう、そういったものを使う必要はない、という感覚が高まっているからです。

私たちやその子どもたち、孫たちが生きていくために、政府レベルと社会レベルの両方で、新しい部門や団体を作るのが賢明でしょう。そこで、社会に対する相互サポートという空気をもたらすことに関与するのです。そうすることで、私たちが新しい生き方に慣れるまで、このすばらしい発達の新ステージを通して、私たちは生き抜いていけます。

この危機の後、私が願うのは、中国や欧州連合(EU)、米国、ロシア、イランなど、世界に力を示し影響を与えている、経済的・軍事的・産業的な超大国が平静を取り戻し、正常化していくことです。また、世界中を旅することへの人々の熱狂が沈静化していくことも。

このコロナウイルス時代から脱するような現象が出てくることを、私は確信しています。

私は新たな世界を明確に描いています。そこでは、なぜ生きているのか、人生の意味は何なのかということを考える、心と思考の空間がどんどん解き放たれます。そして、このすべてのごたごたに終止符を打つのです。

コロナウイルスに襲われるまで、私たちは部屋の隅から隅へと駆け回る小さな子どものようなものでした。

これからは、すべてが変わります。

私たちはもっと成熟し、親であるかのような自然が私たちをしつけ、指を差してこう言います。「もう十分だ! 腰を下ろして、何をしているか考えよ」と。

私たちは歴史的な新しい時代に入りました。そこでは、自分たちが何をどのようにしているのか、立ち止まって熟考し、冷静になることが求められます。そして、もっと忍耐強くなって、どうやったら人と人との間、人と自然との間で、もっとバランスよく生きていけるか、と自分を見つめていきます。その体験と知識を持ちながら、前へ進んでいくのです。

[261806]

どのように世界をコントロールできるのか?

質問:私たちはしばしば、人々の間の特定の心の状態がどのようになっているのかを観察します。変わりたい、やせたいという願望や、幸せまたは憂鬱な感情は、それらの飛沫によって伝染します。人はどのようにして、このような感覚が個人的な感覚なのか、それとも環境から押し付けられたものなのかを知覚することができますか?

答え:私たちがシステムの性質を探求すればするほど、私たちは全てが他のみんなに依存していることに気づきます。これは深く相互的な関係であり、私たちの間の幾千もの関係性から成っています。もちろん、私たちはそれを実感していませんが、そのつながりは変わらずあります。それは絶えず続くものであり、無視することはできません。

私は砂漠の島や深い森に隠れ、切り離すこともできますが、それでは自分と社会の距離が大きくなるので、私は自分自身に限りのある、みじめな人生を強いることになります。たとえば、もし私が一人でこの宇宙にいるのなら、私の全ての感覚が体から切り離された細胞や肉の小さな破片のように萎縮することに、私はすぐに気づくでしょう。

私たちがお互いにコミュニケーション手段を学ぶことは、とても重要です。なぜならそれは真の環境に関連する立場に私たちを据えるからです。第一にそれは人間社会、そしてそこにどのように結びつくべきなのかということに関連しています。

人はどのようにそのようなつながりを発見することができますか? どのようにそれらの感じ方を学べるのでしょうか? どういう形で、私たちは与え受け取るべきですか? 原則としてそれが私たちのゴールであり、この意味は、私たちが統合されたシステム、つまり幸せな人生へ到達する方法を勉強しなければならないということです。

コメント:私たちの中の何かが間違っていて、私たちがその理由を感じる時、私たちは直感的に自分自身に注意を払い始めます。

答え:私たちには生理学的、精神的ないかなる病気、または個人的、家族的な問題、もしくは共通の全世界的な問題はありません。私たちが自分自身を見つけるシステムの欠点があるだけです。それゆえ私たちには、政治、経済、金融、そして各国々や人々の生活が混ざり合ってお互いに依存していることがわかります。

もし私が誰かを統治しようとするなら、私は間違いなく真逆の反応を得ることになります。かつて、ヨーロッパはアフリカやアジアを治めたいと思っていましたが、今や移民に翻弄されています。

質問:だとすると、もし私が何か間違っているのなら、私は自分自身のなかにその原因を探すべきなのでしょうか?

答え:興味深いことは、“私”はこの理由にはならないということです。私は私が誰であるのかによって、もしくは全システムがそうであるからといって自分自身を責めません。しかしながら、私はそのシステムが変化することに力を与えることができ、それは私に変化をもたらします。実際、インテグラル・エデュケーション(統合的教育)の手法は人々に世界がどのように働きそれを管理しているかについて理解を与えます。

質問:自分の状態はシステムの一般的な状態によって起こされていると気づくということですか。このような理解に対しどうしたらいいのでしょうか?

答え:あなたのように人生の質を向上させたいと思っている人々から成るグループに、あなたは加わります。例えば、私たち10人がいます。そして私たちは様々なエクササイズやゲームを通してお互いにコミュニケーションを始めます。

もし私たちが適切につながるのなら、私たちは自分たちのエゴや個人的目的、習慣を超えてつながりを感じ始めます。共通の使命で結ばれた人々のグループや、個人的利益が共同体の利益よりも下にある家族で、時々この感情が起こります。

私たちがつながって一つになるその瞬間、その“一つ”は統合された感覚を生み出します。このような感覚を通して、私たちはこの世界に含まれる一体化した力を、まるで衛生配列が宇宙からの信号を吸収するように掴み始めます。

質問:そのような情報は人生においてどのように私を助けますか?

答え:社会は閉ざされたシステムです。もし私たちが話題にしている10人のグループのように、小さな各部分のバランスがとれるのなら、それは確実に人間社会をより健全にします。人々は徐々にこのアプローチでそれに気づくようになり、すべての人類の欠点を正すことが可能なのです。

[153593]
From KabTV’s “A New Life” 11/12/13

日本とエクアドルでの地震

質問:日本の南西部で起きた一連の地震によって、40名近くが亡くなり、200名以上が負傷しました。同じようなことがエクアドルでも起こりました。死亡者の数は233人に、負傷者は1500名以上に達しました。

何故これらの平和で罪のない国に、このような恐ろしい悲劇が起きるのでしょうか?

答え:これについて説明するのはとても難しいです。なぜなら、すべては地球上における人類の全体的な分布によるからです。なぜ突然このような天災が、とりわけこれらの人々に起こって、他の人々には起こらないのでしょうか? エクアドルとの繋がりは何でしょうか?

もし、私たちが起こることの理由を探し求めるなら、間もなく誰もが、ユダヤ人にすべての天災の責任があると言ったり、書いたりするでしょう。誰もが世界に現れるすべての問題の責任をユダヤ人だけのせいにするでしょう。彼ら(ユダヤ人)の間違った態度、彼らの間の団結の欠如によって、そのような反応が自然と世界の国々の両方において引き起こされるのです。

自然はバランスを崩し始めており、これが気候変動、地震、火山噴火、そしてさらなる天災として表わされるのです。私たちは、あらゆる形態の自然や人間社会のバランスの欠如を呼び起こしています。だから私たちに全ての責任があるのです。

質問:しかし、直接的な因果関係は目には見えなく、人は罪の意識を感じていません。それでは、なぜ上層の力は私たちに対してそのようにふるまうのでしょうか?

答え:直接的な因果関係を見ることとは、上層の管理システムを明かすという意味です。さもなければ、直接的な因果関係を見ることは不可能です。なぜならあなたは打撃を避けようと強制され行動するからです。しかし、あなたはそれとは違う方法で行動しなければなりません。つまり、駆り立てられることなく、自主的に、特別な自然の法則、すなわちその全各部分のつながりの法則であるクリエイターを実感したいと思うときのことです。

これはあなたの手の内にあります。「獣」のレベルに留まるのではなく、アダム(人間)のレベルへ自分自身を高めたいと思うことで、これに向かって進むのかどうかはあなた次第なのです。

質問:この目的のために何千人もの人々が殺されたのですか?

答え:何十億人の罪のない人々が殺されました! どれほどの責任があなたの肩にかかっているのか想像してください。

他には何もありません。カバラの書物に書かれていることを読んでください。アブラハムを先頭にそれ以降、私たちの民の偉大なる代表者の全員がこのことについて語っています。

世界の全ての問題の責任は私たちにあります。また、もし私たちが適切にふるまうならば、その幸せのすべての原因も私たちにあるのです。

何が起こっているのか、カバラの智恵は何を言っているのかについて真剣に考えるかどうかは、私たち次第であると私は信じています。さもなくば、私たちは70~80年前に目撃したものよりさらに一層恐ろしく残虐な方法で教えられることでしょう。

[182140]
From KabTV’s “News with Michael Laitman” 4/18/16