生と死の境界線を通り抜ける

質問:人類が抱える問題の一つに自殺があります。世界では40秒毎に誰かが自殺し(年間80万人)、米国での自殺者の割合は1999年から30%上昇しています。ここ最近、自ら命を断った有名人の中には、著名なシェフでCNNの番組司会者であったアンソニー・ボーディンさん、そしてオランダ女王の妹がいます。これについて何か説明してもらえますか?

答え:そこにあるのは空虚さ、と言えるでしょう。打ち砕かれ、涙し、眠らせないといった空虚さです。薬物でさえ、それを和らげるには役立ずです。人はただ、もう他には選択肢がないかのように感じています。私たちに必要なのは、人生を正しく見つめ、私たち自身を教育しはじめることです。

質問:何に向かえばいいのでしょうか?

答え:人生の意味です。生と死の間にある境界線を渡るとき、人は人生の意味を理解します。あなたにとって、人生がそれそのものよりも価値を持たないときだけ、何のために生きるかということを適切に測ることができます。そして、エゴや利己的な人生の上へと昇るのです。

質問:それは、執着しないということですか? どんな欲望も抱かないということですか?

答え:欲望を抱かないだけではありません。一瞬一瞬、エゴを放棄し、その上へと昇る。その人生を生きるのです。その瞬間ごとにあなたは、まるで死を体験したかのように、死を超えます。これは、私たちの世界から離れ、上層の世界へ入るということです。

発言:それは、とても難しいです。

答え:難しくはありません。これは私たち皆にとって、幸せの機会です。

質問:つまり、利己的な人生に価値を置くべきではないということですか?

答え:人の真の存在を理解したい人は、この人生を嫌悪し、それの真価を認める必要があります。ただそれだけが、今の人生の上により高い人生を築くための基礎であるからです。そして、それは死よりも高い人生であり、あなたが動物の形で死ぬ瞬間瞬間に、スピリチュアル的な成長をします。

スピリチュアルな形での成長とは、自分自身のためではなく、自分の外にあるもののための人生です。クリエーターのための、システムのための、人類のための。それが何であるかは問題ではなく、肝心なのは、あなたのなかの「私」から出るということなのです。

 

 

Discussion | Share Feedback | Ask a question




Laitman.com Comments RSS Feed

Next Post: