Entries in the '' Category

コンピューターの画面上の魂

受け取った質問:コンピューターの画面上でグループを見るだけで、どう私は彼らとの結びつきを強めることができますか?

私の答え:今週末にグローバルなカバラコングレスが、世界の数十カ所で同時に開催されます。数百人集まる所もあれば、数十人の所もあるでしょう。世界中全部を合わせると、数千人の人々になるでしょう。そして、それら全ての人々は一体感を感じたいと望んでいます!

私達は心の点を結ぶことでしか一つになれないことを理解しなければなりません。全てのレッスン、食事、セミナー、コンサート、そして全てのことに一緒に参加しましょう。しかし、もっとも重要なことは私達の思考です。

私は自分と同じ願望を分かち合う世界中にいる数千人の人々と一緒にいるのだと覚えておかなくてはなりません。思考と願望は物理的な距離に制限されません。それらは無限の速度で広がる力であり、誰にも止められません。思考と願望の力は宇宙のどんなものよりも強力です。

したがって、もし私達が共に一つになろうと試みるなら、必ず私達の内側に変化を呼び起こすでしょう。私はそれが起きることを強く望みます。今日我々の世界グループには、全ての人が“壁”を飛び越えてスピリチュアル・ワールドのなかに渡るのを助けるだけの強さがあります。もし私達が共にそれをしようとするなら、それが起きるのに必要な機会が十分あります。それはすべて私達が進んで結束しようとする意欲と、一人でこの繋がりをつくる能力を有している人が誰もいないということの理解によります。

私達の状態はちょうどシナイ山のそれと同じです。私達には条件が与えられています:一つのハートを持つ一人の人間として一つになれと。しかし全員がこれが不可能であることを理解しています。私達はシナイ山(ヘブライ語でシナは“憎しみ”を意味します)の周りに立っています。憎しみの山は私達を互いから引き離します。それは私達全員を分断します。しかし私達には心の点があります。それらはこの山の麓に集められ、何もできずにいます。

これが、なぜ私達がトーラー -光- を私達に与えるようクリエーターが明かされることを要求するのかということの理由です。もし自分一人で他者に繋がる能力が私にあったとしたら、クリエーターは必要ありません。彼は悪の性向を創造しました。それは私がこの山の麓にいる間に明らかにする悪です。私達の大きな願望にも、これが私達の唯一の救いでその他には進むべき道がないという理解にもかかわらず、私達が共に一つになることか不可能であることを私達は気づいてます。

その結果、私達はトーラーを是正手段として要求するようになります。しかし、これは、分断された部分すべてを組み合わせることによって私達を一つのスピリチュアルな共有の容器に一体化させる上層の力(Upper Force)にしか可能にできないことです。

そしてそのあとで、クリエーターはクリーチャー(創造物・被像物)に明かされます。これを“トーラーの授与”と呼び、そこでクリエーターは私達の相互保証の立会人または保証人としてふるまいます。この相互保証を支えるのはまさに彼です。彼は、私達を互いに結びつける授与の力の集積なのです。

そのときから、私達は砂漠の中での40年間の旅に出発したことになり、私達自身でスピリチュアルな共有の容器(Kli)の形成を継続します・・・。