2019年砂漠のコンベンションへの準備

クリエーターを満足させるためには、共通の欲求を持たなければなりません。誰一人として、自分の欲求だけでは、十分な強さの影響力をもたないからです。クリエーターというのは、私たちの統合の結果であり、唯一、私たちの中心、テン(TEN:10人)の中心からだけ「彼」に到達できます。私たちが共通の欲求に到達したいと切望した時点から、その切望の分だけクリエーターへつながっていきます。

私たちはこの欲求をその質と量において発達させ、成長させ続けます。自分の内側にどんな種類の欲求があるのか。クリエーターに向けられた共通の欲求、つまり共通のマルフットに貢献する時、いつもどのようにそれを心を決めているのか。私たち一人ひとりが、主にそういったことを確認していきます。

愛の貯蔵庫(器)は信仰です。愛とは、信仰の光、ハサディム(Hassadim)の光に変化するホフマ の光(Light of Hochma )です。クリエーターのために愛を受け取るには、私たちの中にそういった器を発達させる必要があります。

友へ授与するのはクリエーターへ授与するのと同じである、と書かれています。自分が楽しむための欲求であれば、テン(TEN:10人)でも、世間でも、クリエーターでも、どこに授与しようが何の違いもありません。どちらしても、器の中に受け取らないように、自分を自らの欲求から切り離すことになります。しかし、授与それ自体には、友人へ与えるのとクリエーターへ与えるのとでは違いがあります。

もし人が純粋な愛に到達し、友へ向けて授与するのであれば、それに伴ってクリエーターへの愛と授与にも到達する、と書かれています。勉強とテン(TEN:10人)での作業に助けられながら、その友人たちのなかに正真正銘のクリエーターの性質を見るために、友人たちへの態度を変えないといけないのです。それができたとき、友への愛が完全なものになり、クリエーターへの愛が友人たちの中に明かされます。

しかし、自分の行動はすべて権力やプライド、わがままのためであり、正しい意図とは反対であることを発見してしまったら、どうやって同じ力と熱意でもって進み続けていくのでしょう? 自分が身勝手に行動していることや、自分の意図と行動は必然的にすべて自分のためであることを、私たちは知っています。しかし同時に、私たちは反対の方向へ動くことを欲しています。「エジプトへの追放からの脱出」と言われるものです。

私たちは利己主義や私一人のためという意図、グループへ向けてのエゴだらけの態度といった力の下にいます。私たちはこれに気づくと同時に、自分たちの行ないが利他的になるという望みをもって、振る舞いつづけなければなりません。たとえまだ、そこに正しい意図はなく、あるのは行動だけだとしても、そうすることで、改善する光を惹きつけます。

私たちの意図がすでに利他的であったなら、内なる光が作用しているはずです。しかし、今私たちに作用している包む光(囲む光)はそれとは違い、今のところ授与のための意図はありません。私たちがエゴの中や自分一人のためという意図にいたとしても、自分たちの行動が与えるものになるよう段取って、包む光(囲む光)を目覚めさすのです。

つまり、私たちは行動の世界に存在していて、結局、私たちにできることは、今はまだ反対の形態である改善する光を目覚めさすことなのです。この改善する光は心の点を持つ人々を見分けます。そういった人々は、授与というものの存在やクリエーター、利他的なつながりを感じることができますが、そこに到達する能力はありません。授与の力を理解していても、その正反対の状態の中に自分がいることも見つけています。しかし、自分たちの行動を通して、改善する光と言われる授与の段階からの影響を引き起こすことができます。

利己主義とその内側にある心の点。この2つの性質を持つ人だけが、それをする能力を持ちます。その人たちはエゴの内側では、自分の性質や追放状態、ファラオの奴隷として、それにしたがって行動します。しかし、それを伴いながらも、心の点にせきたてられて、授与や奴隷状態からの脱出、エゴからの解放へ向かっていきます。そして、かすかな希望を感じたかと思えば、エゴから自由になることはできないと悟る。それを何度も何度も繰り返していきます。「イスラエルの子どもたちがその仕事にため息をつき、泣き叫ぶ」まで。

この2つの相反する性質は、イスラエルというクリエーターへまっすぐに向かう人だけに存在します。その人は自分が受け取りたいという意志に支配されていることをはっきりと知っていて、それと同時に、授与について、自分自身の上へ昇ることについて考えています。その人にとって、それは哲学でもなければ、心理学でもなく、現実的な人生の目的です。その人には、欲求の中の欲求、つまり利己主義の内側にあるスピリチュアルな点を与えられているのです。

From the 1st part of the Daily Kabbalah Lesson 1/27/19, “To Bestow Contentment to The Creator” (Preparation for the Convention in the Desert 2019)

1 Minute 0:30
2 Minute 5:00
3 Minute 39:09
4 Minute 58:45

理性を超えた信仰へ至るには?

理性を超えるとはどういうことなのでしょうか? 私たちが理解していることや、この世の人の思考からすれば、理性の範囲内とは人のエゴを意味します。「私の意見では」などというように、エゴによって、人は理解し、感じ、決意し、行動します。しかし、自分の意見を超えたところに、上層世界の意見があります。つまり、クリエーターの意見と引き換えに、自分の意見をあきらめなければならない、ということです。

しかし、人はクリエーターの意見を知りません。それはテン(TEN:10人)を通して届きます。もしテン(TEN:10人)につながるなら、徐々に自分を無化して友に統合することで、友の意見と引き換えに自分の意見をあきらめていくことになります。これは何かを単純に別の何かに交換するといったことではありません。それでは天使、つまりスピリチュアルな獣になってしまいます。そのため、自分の理性を超えてそれを振る舞うのです。自分の意見は保ちながら、それを超えていくのです。つまり、2つの段階にいることになります。この2つの違いからスピリチュアルな人が持つ理解力を見つけ出していきます。

人の感覚は何も壊されませんし、何も消されません。その代わり、今までとは異なったクリエーターの性質を付け加えることで、理性を超えた信仰を獲得します。自分の意見を持ちつつ、それを超えた信仰を持つのです。そして、人はその2つの間に存在するようになります。クリエーターは、無駄な楽しみのために私たちの欲求を創ったのではありません。それは、「暗闇は光のように輝く」という、常に私たちに伴っている基礎を成すものであり、エゴや自分の意見といった暗闇はそれを超えた意見を助けています。人が低き被造物にクリエーターの偉大さを獲得するのは、それらの対比によってなのです。

私たちは自分を取り消すことも、自分にある何かを失うこともありません。両足でしっかりと立ちながら、中間の線を築きます。そして唯一この方法だけが、自分たちをクリエーターと類似したアダムという人間に位置づけるのです。被造物にあるすべて、起こることすべては、クリエーターから受け取っています。しかし、それは人が自分でどう決めるかによっています。1

クリエーターは人に「彼」(クリエーター)とつなげるアダプターを与えてくれています。それは、テン(TEN:10人)です。このアダプターはとても複雑なものですが、他に選択の余地はありません。たとえ何年かかろうとも、そのアダプターにつながってそれを使うしかないのです。そして、自分を無化しなければ、グループにつながることはできません。自分のプラグではソケットに合わないからです。クリエーターは友人たちの内側にいて、「彼」はもっともっと友人たちにつながれるよう助けているのです。友人たちの内側に「彼」を明かし始めるまで……。そうして人は、友人たちを通してクリーターと共に働き始めます。その友人たちはその人の魂であり、魂を満たす光であるからです。

そのため、これまで経験したすべてのことから離れて、グループに入り自分を無化し始める以外に私たちに選択肢はないのです。今私たちは、人生経験と知識が豊富な大人について話しています。しかし、人はその自分から抜け出して胚(胎芽)を作り、グループに対して無(ゼロ)になります。その状態から人が知識を得始めて、成長し始めると、人のもともとの性質やその思考、自己への欲求といった土台の上に、理性を超えた信仰を築きます。片方がなければ、もう片方もありようがないのです。2

From the 1st part of the Daily Kabbalah Lesson 1/23/19, Writings of Rabash, Vol. 1, Articles “Rungs of the Ladder,” Article 21 “Concerning Above Reason” (1986)

1 Minute 00:30
2 Minute 33:00

 

私が望むたった一つのこと

私は自分の感覚や心に働きかけることはしません。私が望むことはたった一つ。それは他者に含まれることを通して、新しい視覚や聴覚、味覚、臭覚、触覚を受け取ることです。友とのつながりを通して、今私は、クリエーターと類似した「アダム」という人間を作っています。私は自分の今の感情を気にかけることはしません。なぜならそれらはすべて、動物的レベルのものだからです。

From the 3rd part of the Daily Kabbalah Lesson 1/9/19, Writings of Baal HaSulam,“The Essence of the Wisdom of Kabbalah,”

1 Minute 33:10

クリエーターの言葉は理解できるのか?

質問:クリエーターの言葉とはどういうものですか?

答え:クリエーターの言葉とは授与の言語、いわば「聖なる言語」であり、パルツーフ(Partzuf)の中間線を意味します。

質問:クリエーターはどうやって人に話しかけているのでしょうか? それを理解することはできるのですか?

答え:中間線においては可能です。受け取りと授与の特質の間に正しい交流があれば、授与の言語を獲得します。利己的から利他的に、その特質が変わり始めるからです。すると、獲得した授与の特質を通して、自分自身(利己主義者)の内側でクリエーターの言葉を理解し始め、「彼」(クリエーター)と話し始めます。

そして、この世に起こることすべてを、どういった理由や結果に基づいて起こっているのか、と見るようになるのです。

質問:たとえば、温暖化や危機などの地球規模の変化もすべてクリエーターからの言葉ですか?

答え:もちろん、すべてそうです。

質問:どうしたら「彼」(クリエーター)が私に話したいことを理解できるのでしょうか?

答え:そのためには、クリエーターのレベルにいなければなりません。この世界で人々の言うことが聞こえているのは、その波動を捕えているからです。一方で、スピリチュアル世界で波動を捕えるとは、その波動の周波数にいることを意味します。

クリエーターの行為を理解したいのなら、「彼」(クリエーター)の段階に上がらなければならないのです。

質問:クリエーターは私たちが「彼」(クリエーター)を理解できるように、私たちと話すことはできないのでしょうか?

答え:ではなぜ、重力の法則は5千年前ではなく、18世紀に明かされたのでしょう? クリエーターを理解するために発達は不可欠なのです。そして今、そこに到達できるところにあなたはいます。すべては人次第です。もし人がそのレベルを上げるのであれば、今日にもそこに到達し、時間を超越することになります。今日、あなたは人々があともう200年かけて到達する状態に生きることもできるのです。

そこは私たちのこの世界と同じで、子どもや大人、賢い人々など、さまざまな人がそれぞれ異なった理解をしています。

質問:最終是正というのは、私が自分に起こることをすべて理解したときということですか?

答え:理解するだけではありません。最終是正はあなたのすべて、あなたの中のすべてです。

 

[238164]
From the Kabbalah Lesson in Russian 8/12/18

 

 

 

死んだら世界はどうなるのか?

質問:私は前世や来世を知らないし、何も覚えていません。私が今存在しているから、この世は存在しています。そこで質問ですが、私は死ぬとどうなってしまうのですか?

答え:あなたがもし、魂の啓示――最も小さいスピリチュアルな特質であり、点から発生した魂の最も小さな発達、真の存在たるもの――を獲得するのなら、体が死んでもあなたは魂を知覚し続けるでしょう。それは、魂がその内側に量と光を獲得したからです。そして、これまでとは違う体を、女性から生まれる体を再びまといます。その体に存在している間に発達の全125段階を達成していくためにです。なぜならそれは、私たちの世界に肉体として存在している間にしか成し遂げられないものだからです。

しかし、もしあなたがその点から発生する魂の啓示を獲得しないのなら、今回と同じようにあなたは再びこの世に現れて、魂を明らかにし発達させる機会(心の点)をもう一度持つことになります。

死ぬと魂はどうなるのか?

質問:人は死ぬとどうなるのですか? 魂はどうなってしまうのでしょうか?

答え:魂を知覚できている人々は、その中に生きます。なぜなら、魂は身体の死とは無関係だからです。

魂を獲得しなかった人々には、レシモット(ヘブライ語の“roshem”:記録)だけが残ります。これはDNAのような情報の一片であり、人がこれまでに構成した全情報を含む特定のコードです。

身体が死ぬと、この情報(レシモット)はこの世で新たな身体に結びつかねばならず、そしてもう一度最初からやり直すのです。皆、このレシモットを持っています。これは、最終的に私たちが魂を発達させる小さなかけらです。

発言:魂を構築した人だけが、魂を持っているということですか?

答え:そうです。真実、そうなのです。情報の一片であるレシモットは、魂を築くように人々を強いる欲求の内側で機能しているのですが、魂を構築する人は、そのレシモットに基づいた利己的な欲求の外側に魂を築きあげます。

質問:私は何を持っていて、何を逃しているのでしょうか? 私が本当にしなければならないのは、何なのでしょうか?

答え:私たちの利己的な受け取りたいという意志は、私たちが今持っているすべてです。しかし、突然、私たちの中に特別な欲求が浮かびあがることがあります。これは魂を知覚し、私たちが生きる理由や存在の目的、命の源を理解したいという欲求です。

つまり、レシモットが目覚めたのです。それは小さなちいさな火花であり、言うなれば私たちの内側の心の点です。このときはじめて、私たちは次に何をすべきかを熟考するに至ります。心の点が私たちを切望させ、押し進め、そのままにはさせないからです。

こうして、私たちは自分の利己的な欲求に取り組み、この火花が何かを知れる場所を探し始めます。そしてやがて、本物のカバラの知恵を教える場所、魂の築き方の説明を受け取れる場所へと行き着きます。魂を築くということ。それは、自分たちのために受け取りたいという、その意志を、他者のためへと変化させることを意味しているのです。

 

一人ひとりのスピリチュアルな作業

私たちは魂、つまりクリエーターとの類似性に到達していたとされる「アダム」のシステムが粉砕した結果です。

粉砕の本質は、他者から切り離されていると感じている各部分が、個々の堕落した状態とは何であるかを理解し始め、他者との対立を研究し、人々を隔てている矛盾を超えて互いにつながるための努力が必要であると認識することにあります。

これは壊れた魂(欲求)を内側に負っている者たち皆がおこなうスピリチュアル的な作業です。

これらの欲求をつなげることで、私たちはこの欲求や精神、そこにそなわるものを創造する力、つまりクリエーターを獲得し始めます。これは単なる作業ではありません。私たちの存在の意味、私たちがこの世にいる意味です。つまり、すべては全世界のつながりによってのみ解決するのです。

生と死の境界線を通り抜ける

質問:人類が抱える問題の一つに自殺があります。世界では40秒毎に誰かが自殺し(年間80万人)、米国での自殺者の割合は1999年から30%上昇しています。ここ最近、自ら命を断った有名人の中には、著名なシェフでCNNの番組司会者であったアンソニー・ボーディンさん、そしてオランダ女王の妹がいます。これについて何か説明してもらえますか?

答え:そこにあるのは空虚さ、と言えるでしょう。打ち砕かれ、涙し、眠らせないといった空虚さです。薬物でさえ、それを和らげるには役立ずです。人はただ、もう他には選択肢がないかのように感じています。私たちに必要なのは、人生を正しく見つめ、私たち自身を教育しはじめることです。

質問:何に向かえばいいのでしょうか?

答え:人生の意味です。生と死の間にある境界線を渡るとき、人は人生の意味を理解します。あなたにとって、人生がそれそのものよりも価値を持たないときだけ、何のために生きるかということを適切に測ることができます。そして、エゴや利己的な人生の上へと昇るのです。

質問:それは、執着しないということですか? どんな欲望も抱かないということですか?

答え:欲望を抱かないだけではありません。一瞬一瞬、エゴを放棄し、その上へと昇る。その人生を生きるのです。その瞬間ごとにあなたは、まるで死を体験したかのように、死を超えます。これは、私たちの世界から離れ、上層の世界へ入るということです。

発言:それは、とても難しいです。

答え:難しくはありません。これは私たち皆にとって、幸せの機会です。

質問:つまり、利己的な人生に価値を置くべきではないということですか?

答え:人の真の存在を理解したい人は、この人生を嫌悪し、それの真価を認める必要があります。ただそれだけが、今の人生の上により高い人生を築くための基礎であるからです。そして、それは死よりも高い人生であり、あなたが動物の形で死ぬ瞬間瞬間に、スピリチュアル的な成長をします。

スピリチュアルな形での成長とは、自分自身のためではなく、自分の外にあるもののための人生です。クリエーターのための、システムのための、人類のための。それが何であるかは問題ではなく、肝心なのは、あなたのなかの「私」から出るということなのです。

 

 

過ぎ越しの祭り──出エジプトのレベル

thumbs_laitman_749_01トーラー「レビ記23:4 – 23:8」以下は主の祝日であり、その日あなたたちはイスラエルの人々を聖なる集会に召集しなければならない。 第一の月の14日の夕暮れが主の過越である。同じ月の15日は主の除酵祭である。あなたたちは7日の間、酵母を入れないパンを食べる。初日には聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。7日の間、燃やして主にささげる献げ物を続けて、7日目に聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。

質問なぜ過ぎ越しの祭りの最初と最後の日に働くことが禁じられているのですか?

答え:スピリチュアルな作業の2つの状態、すなわち、下層からの目覚めと上層から目覚めという2つの状態を区別するからです。

下層からの目覚めの間、私たちは切望によって光と器の協調を呼び起こします。つまり光が器を是正し、正しい意図を与えるのです。 上層からの目覚めの間に、この作業は上層から遂行されますが、それは私たちが前もってそのための正しい状態を作り出す時のみ遂行されます。

私たちは祝日の最初と最後の日のために正しい状態を作り出すよう、努力をします。なぜなら、過ぎ越しの祭りの週は上層の光がすべての作業をするので、最後は何もしない状態で閉じられなければならないからです。祝日の最初の日は出エジプトの始まりです。 最後の日は出エジプトの終わりで、それを封じるのです。

世界の国々が異なる暦を持っているということは重要です。 キリスト教の暦は太陽の動きに基づいています。 イスラム教の暦は月の動きに基づいています。 それに対して、ユダヤ教の暦は太陽と月、そして地球の動きを考慮しています。なぜなら地球が太陽と月の間にある中心的な物体だからです。

一方で、私たちは太陽の周りを回っている地球の公転を意味する年を考慮に入れます。また一方で、地球の周りを回っている月の公転である月(マンス)を考慮に入れ、そしてその二つを比較します。ユダヤ教の暦は変わらないので、たとえば、35年後の過ぎ越しの祭りの初日の曜日を事前に計算することができます。

さらに、太陽、地球、月の動きの比較に基づくと、過ぎ越しは月(マンス)の特定の日にはできないと言うことができます。 つまり、すべては一般天文学系に正確に関連しているのです。

質問:トーラーは聖なる集会について何度も言及しています。なぜ私たちは過ぎ越しの祭りに集まらなければならないのですか?

答え:過ぎ越しの祭りの間の聖なる集会は、イスラエルの民にとって最も重要なことです。なぜなら、実際、彼らの統一したいという欲求のおかげで、エジプトから出る必要性を持つからです。

個人とグループ、社会、国家、あるいは全世界との統一は、実際、エジプト(エゴ)からの脱出のさまざまなレベルです。私たちが統一の力を獲得する時、ある緊張、つまりこの脱出、エゴからの分離が起こるのです。

それは常に私たちの間にあり、私たちを隔て、互いに拒絶を感じさせます。もし私たちがそれを圧縮し、凝縮し、統一し、互いにつながろうとし始めるなら、私たちが最初に統一を獲得する瞬間、エゴからの脱出が始まります。

過ぎ越し(出エジプト)の最初の日に、私たちはこのつながりを固く結び始めます。そして、週の間それに取り組み、出エジプトの最終日に完全に統一します。その瞬間から、私たちは統一した国家なのです。

しかし、その一方で、人々は何をすべきかを理解していません。エゴから逃げたいという欲求を駆り立てる方向があるにもかかわらずです。しかし、それは、適切な認識のない動物的な本能にすぎません。人々はシナイ山の麓に集まる時、その認識を獲得するでしょう。

[154411]
From KabTV’s “Secrets of the Eternal Book” 5/28/14

最も難しい事は助けを求めること

thumbs_laitman_239バール・ハスラム「トーラーの授与」:我々はトーラーにおける残りの612のミツヴォット(戒律)が、それらのすべての解釈と共に、ただ一つのミツヴァ(ミツヴォットの単数形)、すなわち「汝の友を愛せよ」の中に挿入され、含まれている詳細の合計以上でも以下でもないことを理解すべきである。

613の「戒律」、すなわち是正に至らせる613の行いがあります。私たちは受け取りたいという欲求に関連する意図を、利己的なもの(受け取るために)から利他的なもの(与えるために)に改めるべきです。私たちがそうするとき、それは私たちが「戒律を果たした」ことを意味します。

戒律の数は、魂の器に含まれている個人の受け取りたいという欲求の総計で定義されます。それは2つの部分に分かれています。

上部  ガルガルタ・ヴェ・エイナイム (Galgalta Ve Eynaim <G’E>)248の欲求
下部  アハップ(AHP)365の欲求

受け取りのためという意図は邪悪な性向と呼ばています。一方で与えるためという意図は、善い性向と呼ばれています。行為自体は同じです。それらの背後にある意図によってのみ、私たちは良い行為と悪い行為を識別することができます。そのため、是正のプロセスは実際には意図を変更することです。意図が自己中心的なら邪悪な性向とみなされ、その中心が隣人に向けられているなら善い性向なのです。

結局、私たちは248と365の欲求を是正しなくてはなりません。全部で613です。しかし、最後の戒律(愛についてのもの)は「問題をはらんだ」ままなので、私たちは実際612の欲求しか是正しません。カバリストたちが言うように、612の欲求を改善することによって、我々は愛を達成します。 言い換えれば、友への愛から、私たちは創造主を愛するようになります。

 

総体のシステムの中には、欲求の特別な部分があります。それはグループと呼ばれるそれ自身を是正しなくてはならない部分で、当然ながら残りの欲求と相互的につながっています。最初、私はそこにいません。 しかし、グループで友と一緒に作業を始めて、友とのつながりを望み、現実にそうするやいなや、自分の性質がすべてこれに反していると分かります。つまり、「できない」「不可能だ」「したくない」 「しない」ということ。これが邪悪な性向というものです。つまり統合したくないということ。それは私を妨げます。

その後で私はそれを私の中に存在する「憎む人」と呼び、至る所にいる友からその是正を要求します。私はどこを是正するのか、どのように是正を実現化するのか、そしてどのように自分の性向に打ち勝つことができるのかを発見します。そして、クリエイターの方を向く必要を感じるまで私はそうします。

それはすぐに起こりません。私は今、叫ぶことができますが、その後で利己的な欲求は高まり、クリエーターの考えに我慢できなくなります。私はクリエーターを憎んでいて、いつでもクリエーターを滅ぼす準備ができています。クリエーターに向かうこと以外なら何でも喜んでするのです。私は不可能なことをするよう要求されていると思います。まるで敵を滅ぼす代りに敵を愛して助けなければならないかのように。それは非常に難しいことです。その後で、絶望を感じ、何よりも授与の獲得を欲する時、私はクリエーターの方に向くのです。

[90804]
From the 4th part of the Daily Kabbalah Lesson 10/21/12, “Matan Torah (The Giving of the Torah)”