過ぎ越しの祭り──出エジプトのレベル

thumbs_laitman_749_01トーラー「レビ記23:4 – 23:8」以下は主の祝日であり、その日あなたたちはイスラエルの人々を聖なる集会に召集しなければならない。 第一の月の14日の夕暮れが主の過越である。同じ月の15日は主の除酵祭である。あなたたちは7日の間、酵母を入れないパンを食べる。初日には聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。7日の間、燃やして主にささげる献げ物を続けて、7日目に聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない。

質問なぜ過ぎ越しの祭りの最初と最後の日に働くことが禁じられているのですか?

答え:スピリチュアルな作業の2つの状態、すなわち、下層からの目覚めと上層から目覚めという2つの状態を区別するからです。

下層からの目覚めの間、私たちは切望によって光と器の協調を呼び起こします。つまり光が器を是正し、正しい意図を与えるのです。 上層からの目覚めの間に、この作業は上層から遂行されますが、それは私たちが前もってそのための正しい状態を作り出す時のみ遂行されます。

私たちは祝日の最初と最後の日のために正しい状態を作り出すよう、努力をします。なぜなら、過ぎ越しの祭りの週は上層の光がすべての作業をするので、最後は何もしない状態で閉じられなければならないからです。祝日の最初の日は出エジプトの始まりです。 最後の日は出エジプトの終わりで、それを封じるのです。

世界の国々が異なる暦を持っているということは重要です。 キリスト教の暦は太陽の動きに基づいています。 イスラム教の暦は月の動きに基づいています。 それに対して、ユダヤ教の暦は太陽と月、そして地球の動きを考慮しています。なぜなら地球が太陽と月の間にある中心的な物体だからです。

一方で、私たちは太陽の周りを回っている地球の公転を意味する年を考慮に入れます。また一方で、地球の周りを回っている月の公転である月(マンス)を考慮に入れ、そしてその二つを比較します。ユダヤ教の暦は変わらないので、たとえば、35年後の過ぎ越しの祭りの初日の曜日を事前に計算することができます。

さらに、太陽、地球、月の動きの比較に基づくと、過ぎ越しは月(マンス)の特定の日にはできないと言うことができます。 つまり、すべては一般天文学系に正確に関連しているのです。

質問:トーラーは聖なる集会について何度も言及しています。なぜ私たちは過ぎ越しの祭りに集まらなければならないのですか?

答え:過ぎ越しの祭りの間の聖なる集会は、イスラエルの民にとって最も重要なことです。なぜなら、実際、彼らの統一したいという欲求のおかげで、エジプトから出る必要性を持つからです。

個人とグループ、社会、国家、あるいは全世界との統一は、実際、エジプト(エゴ)からの脱出のさまざまなレベルです。私たちが統一の力を獲得する時、ある緊張、つまりこの脱出、エゴからの分離が起こるのです。

それは常に私たちの間にあり、私たちを隔て、互いに拒絶を感じさせます。もし私たちがそれを圧縮し、凝縮し、統一し、互いにつながろうとし始めるなら、私たちが最初に統一を獲得する瞬間、エゴからの脱出が始まります。

過ぎ越し(出エジプト)の最初の日に、私たちはこのつながりを固く結び始めます。そして、週の間それに取り組み、出エジプトの最終日に完全に統一します。その瞬間から、私たちは統一した国家なのです。

しかし、その一方で、人々は何をすべきかを理解していません。エゴから逃げたいという欲求を駆り立てる方向があるにもかかわらずです。しかし、それは、適切な認識のない動物的な本能にすぎません。人々はシナイ山の麓に集まる時、その認識を獲得するでしょう。

[154411]
From KabTV’s “Secrets of the Eternal Book” 5/28/14

最も難しい事は助けを求めること

thumbs_laitman_239バール・ハスラム「トーラーの授与」:我々はトーラーにおける残りの612のミツヴォット(戒律)が、それらのすべての解釈と共に、ただ一つのミツヴァ(ミツヴォットの単数形)、すなわち「汝の友を愛せよ」の中に挿入され、含まれている詳細の合計以上でも以下でもないことを理解すべきである。

613の「戒律」、すなわち是正に至らせる613の行いがあります。私たちは受け取りたいという欲求に関連する意図を、利己的なもの(受け取るために)から利他的なもの(与えるために)に改めるべきです。私たちがそうするとき、それは私たちが「戒律を果たした」ことを意味します。

戒律の数は、魂の器に含まれている個人の受け取りたいという欲求の総計で定義されます。それは2つの部分に分かれています。

上部  ガルガルタ・ヴェ・エイナイム (Galgalta Ve Eynaim <G’E>)248の欲求
下部  アハップ(AHP)365の欲求

受け取りのためという意図は邪悪な性向と呼ばています。一方で与えるためという意図は、善い性向と呼ばれています。行為自体は同じです。それらの背後にある意図によってのみ、私たちは良い行為と悪い行為を識別することができます。そのため、是正のプロセスは実際には意図を変更することです。意図が自己中心的なら邪悪な性向とみなされ、その中心が隣人に向けられているなら善い性向なのです。

結局、私たちは248と365の欲求を是正しなくてはなりません。全部で613です。しかし、最後の戒律(愛についてのもの)は「問題をはらんだ」ままなので、私たちは実際612の欲求しか是正しません。カバリストたちが言うように、612の欲求を改善することによって、我々は愛を達成します。 言い換えれば、友への愛から、私たちは創造主を愛するようになります。

 

総体のシステムの中には、欲求の特別な部分があります。それはグループと呼ばれるそれ自身を是正しなくてはならない部分で、当然ながら残りの欲求と相互的につながっています。最初、私はそこにいません。 しかし、グループで友と一緒に作業を始めて、友とのつながりを望み、現実にそうするやいなや、自分の性質がすべてこれに反していると分かります。つまり、「できない」「不可能だ」「したくない」 「しない」ということ。これが邪悪な性向というものです。つまり統合したくないということ。それは私を妨げます。

その後で私はそれを私の中に存在する「憎む人」と呼び、至る所にいる友からその是正を要求します。私はどこを是正するのか、どのように是正を実現化するのか、そしてどのように自分の性向に打ち勝つことができるのかを発見します。そして、クリエイターの方を向く必要を感じるまで私はそうします。

それはすぐに起こりません。私は今、叫ぶことができますが、その後で利己的な欲求は高まり、クリエーターの考えに我慢できなくなります。私はクリエーターを憎んでいて、いつでもクリエーターを滅ぼす準備ができています。クリエーターに向かうこと以外なら何でも喜んでするのです。私は不可能なことをするよう要求されていると思います。まるで敵を滅ぼす代りに敵を愛して助けなければならないかのように。それは非常に難しいことです。その後で、絶望を感じ、何よりも授与の獲得を欲する時、私はクリエーターの方に向くのです。

[90804]
From the 4th part of the Daily Kabbalah Lesson 10/21/12, “Matan Torah (The Giving of the Torah)”

授与するために受け取ること

thumbs_Laitman_712_03質問:私は普通の人間であり、ただ自分のために受け取りたいだけです。 「授与するために受け取ること」とはどういう意味ですか?

答え:確かに、普通の人は自分自身のためだけに受け取っています。しかし、カバラの知恵は、私たちの進化的発展の結果として、自分自身のために受け取ることが機能しなくなると言っています。

今日、世界は成熟し、円(サークル)になってきているため、単に自分自身のために受け取ることはもはや不可能な状態にあります。「獣」のレベルに落ちる時、私たちは自分自身に盗みを働いていることを知っています。

私たちは、肉体的存在の境界の外側にある人生の意味に到達することはできません。

この人生において、私たちはあらゆる種類の技術的な「おもちゃ」やファッション、そして人間社会がどうにかしてその存在を満たすために生産するこのようなことのすべてで遊んでいますが、実際は完全に空です。もし人がそれらに費やすエネルギー、力、苦しみと比べて人生で得る喜びの量を計算するならば、生きていない方が好ましいと気づくでしょう。

私たちは、人生において完全に異なる計算があることを理解しなければなりません。それは、自分の意志に反して生きるために私たちが創られたのではない、ということです。もし、私たちがその意味を発見するならば、私たちはこの世でも幸せになることができ、また、境界の外側でも無限に生きることができると気づくでしょう。

この幸福に到達するための方法はカバラの知恵と呼ばれています。それは、私たちの肉体が存在する限りの、一時的な地上での命からだけでなく、肉体を越えた、永遠の命における真の喜びに到達する方法の知恵であり、私たちはそれをこの世にいる間に獲得することができるのです。これが授与するために受け取ることと呼ばれるものです。この状態において、私は私の肉体の外に存在し続けるのです。

[197476]

From KabTV’s “News with Michael Laitman” 11/9/16

どうすれば怠惰な人を尊重できるのか?

thumbs_laitman_564質問:怠惰で利己主義によって働くことを嫌がる人を、どのようにスピリチュアルな道に沿って尊重し、サポートをすることができますか?

答え:それは働くことへの恐れや怠惰ではなく、全体の器が粉砕した後で人が感じる特殊な抵抗です。粉砕は知恵の木の罪による結果として起きました。それはその中に女性の部分が組み込まれた結果という意味です。

女性のスピリチュアリティへの切望は男性よりもはるかに大きいですが、これは同じ切望を持っていないからといって、男性を低く評価して然るべきという意味では決してありません。

すべての欲求やすべての切望、すべての条件、そして内的、外的に起こること。それらすべては上層、クリエイターからやって来ます。だからもし興味をひく唯一のものがサッカーとビールという状態の人であっても、カバラの知恵を彼のすべての力を持って切望する人と比べて、あまり敬意を払わなくてよいという理由はありません。

この2つの状態はクリエイターから与えられています。もしクリエーターがサッカーファンに、カバラの知恵を切望する人と同じ欲求を与えたら、彼がどうやってこの欲求に対処し満たすのかは知る術(すべ)がありません。実際、彼はそのことにおいて、はるかに優れているかもしれないのです。私たちに人を評価して格付けする権利はないのです。

[195877]
From the Kabbalah Lesson in Russian 6/26/16

夫婦の霊的発達

thumbs_laitman_559質問:私は、夫婦の間にクリエーターが現れた家族について夢見ることをやめることができません。もし夫がクリエーターを切望しないならば、それは私の夢の実現を妨げますか?

答え:彼の態度は彼によって決められるものではないので、あなたは決して彼を非難することはできません! クリエーターに対する切望を人に与えるのはクリエーター自身です。クリエーターは人をカバラの知恵の学びに連れて来ます。『10個のセフィロトの研究の手引き』第4項によれば、クリエーターは人の手を幸運の上に置き、「それを取り、これを選べ」と言います。

もしクリエーターを明かしたいという欲求があなたの中に現れたなら、それはクリエーターによって与えられましたが、あなたの夫はこの欲求を与えられなかったのです。したがって、あなたこそが欲求を満たさなければならない者であって、彼ではないのです。彼はその欲求を満たすという責任を完全に免除されています。

彼がどんな種類の魂を持っていて、いつその魂の目的が達成させられなくてはならないのかについて、あなたは知ることはできません。また、その魂はすでにその目的を果たしていて、ただあなたの魂の目的の達成を助けるためだけに、実際に今あなたの側で受け身的にいる可能性も十分にあるのです。

[195873]
From the Kabbalah Lesson in Russian 6/26/16

 

世界を是正するために何人の人々が必要か?

thumbs_Laitman_004質問:クリエーターは今日、世界中に存在するおよそ70億の人々の内側に包まれる巨大な受け取りたいという欲求を創りました。バール・ハスラムが彼の記事「最後の世代」で書いているように、もしかしてクリエーターはわずか数千人、あるいはそれ以下の人々の中にだけ包まれるということなのでしょうか? 受け取りたいという欲求の是正に向かう生物としての身体の数によって違いが生まれますか? それとも、10人で充分ですか?

答え:はい、そうです。最も重要なことは、その10人の人々が全世界のエゴイズムの縮図になるだろうということです。言い換えると、人類(何十億もの人々)すべてのエゴイズムがこれらのten(10人)に凝縮されるでしょう。これらのten(10人)はこのエゴイズムを集め、無化し、一つの統一体中へと統合します。この状態はアダム、つまり、一つの共通の魂と呼ばれます。

当然のことながら、エゴイズムが数十億人に包まれている時より、10人に凝縮されている時の方が、それを是正することはより複雑で難しいでしょう。それゆえ、カバラの知恵は特に今日、私たちに是正するよう呼びかけているのです。

将来起こりうる第三次世界大戦後に、それはより悪化するでしょう。たとえ戦争がもたらす苦しみが人々に統一を強いるとしても、選択の自由は依然として存在するでしょう。統一するという決断へとどのようにすべての人々を至らせるかという問題を抱えるでしょう。そのため、私たちは今日、是正に従事しなければならないのです。

[195359]

From the Kabbalah Lesson in Russian 7/10/16

どのように上層の光を引き寄せるのか

2013-07-12_congress-piter_7375_w質問:もし私が相手に対して無関心だったら、どうやってその人に上層の光を引き寄せることができますか?

答え:あなたがその人とつながらないと、あなた達の間にある循環そのものの中に、上層の光を現せないと、一緒に学びながら徐々にあなたは気付き始めます。

したがって、彼とつながって上層の光が降りてくるシステムを作る以外に、あなたに他の選択肢はありません。それは一人の人間の中には現れません。私たちの間のつながりの中にだけ現れるのです。

[197882]

From the Kabbalah Lesson in Russian,8/28/16

 

祝福と呪い

laitman_238_01『トーラー』「申命記 第11章26−28節」見よ、私は、今日、あなたがたの前に祝福と、呪いとを置く。もし、今日、私があなたがたに命じるあなたがたの神、主の命令に聞き従うならば、祝福を受けるであろう。もしあなたがたの神、主の命令に聞き従わず、私が、今日、あなたがたに命じる道を離れ、あなたがたの知らなかった他の神々に従うならば、呪いを受けるであろう。

もし人がクリエーター、つまり唯一無二である自然の上層の力との付着へと導く道から離れるなら、言うまでもなく、彼は間違いを犯し、「他の神々」、つまり自然の他の力へと向かいます。

「あなたがたの知らなかった他の神々に従うならば」とは、すなわち、あなたがそれまでそれらの神々を、きわめて重大で決定的で、根本的なものとして考慮に入れていなかったということです。もしあなたがいま、それらの神々を選択し、支配者として見るならば、言うまでもなく、あなたは呪いを受けます。

人は唯一無二の真の支配する上層の力に背を向けることによって自分自身に非難を招きます。上層の力の派生物であるすべての他者がその支配下にいるのです。

これが呪いです。私たちに上層からの特別な何かを送ってくれる神はいません。私たちはただそのような比喩的な方法でそれについて話すだけです。私たちの行為を通じて、私たちは共通のシステムの歪みを引き起こします。それ故、私たちは自分たち自身の上ですべての結果を感じるのです。

質問:なぜ『トーラー』のこの部分はレヘ(見ること)と呼ばれるのですか?

答え:なぜなら、私たちがスピリチュアルなシステムに至る必要があるからです。結局のところ、視覚は人間の最も強い感覚であり、私たちがどこにいるのか、何者なのかという知識と理解の最も力強い源です。それゆえ、私たちは視覚、つまり最も高い認識を通じてすべてを知覚する必要があるのです。信じたり、単純に認めたりするのではなく、その本質を本当に理解するために。裁判所においてさえ、証人は見た人だけがなりうるのであって、聞いただけの人はなれないのです。

[195186]
From KabTV’s “Secrets of the Eternal Book” 6/22/2016

 

 

すべては私たちの欲求次第

thumbs_Laitman_514_04質問:私たち皆が知っているとおり、スピリチュアルな是正には何百万年もかかりますが、どうしたらそれを加速することができますか?

答え:スピリチュアリティは年月で測れないので、それは多くの時間を必要とはせず、実際は私たちの欲求のみにかかっています。ニワトリのように「卵がかえるのを待って」いても、私たちは何も達成することはできません。つまり、すぐにこれらすべての行動を越えて、その上に飛び跳ねることが私たちはできるのです。すべては私たちの欲求次第です。

私たちがお互いに望むものを見せて、お互いを憎しみ、妬み、競争し合うといった様々な感情を駆り立てる程度まで、欲求は私たちの間で発達しています。これらはとても助けになっています。

[193503]
From the Kabbalah Lesson in Russian 5/8/16

 

悪い考えはどこからくるのか?

laitman_2010-11-10_8190_us質問:どのように悪い考えは私たちの人生に影響を与えますか?良いことが起こる為にはどうしたらいいですか?

答え:あなたを目標に導く良い考えとして悪い考えを想像することが必要です。

質問:しかし、これらの考えは環境から私たちにもたらされたものです……。

答え:悪い考えは環境によるものではなく、創造主が環境を通じて私たちに与えるのです。宇宙には自ら私たちに影響を与える物体は一つもありません。すべての背後にクリエイターが常にいて、私たちの前でこの演劇を上映しているのです。

[195497]
Из урока на русском языке, 09.06.2016